バイクの免許を取得しよう!もっとカッコ良く乗りこなそう!初心者、女性ライダー必見です。

バイク初心者のためのライダー1年生講座 > 初心者のためのバイク選び > 中古車購入の注意点

初心者のためのバイク選び

中古車購入の注意点




中古バイクを購入する時の注意点として、一般的によく言われるのは、

カスタム車は買わない

ということです。

ええ、前のページで言ったことと、矛盾していますよね。
カスタムされた中古車を買えば、カスタムするお金と時間が省けるって。

なぜカスタムされたバイクがダメなのかと言うと、ノーマルバイクというのは、日本の一流メーカー各社が膨大な時間と費用をかけて開発したものであり、最も良い状態で流通されているものです。

そこに、あえて手を加えようというのですから、やはりそれなりのリスクは覚悟しなければなりません。

例えばマフラー交換一つとっても、見た目もカッコ良くなるし、音も良く(?)なります。
その反面、排気の抜けが良くなってエンジンへの負担が大きくなりますし、エンジンがより回るようになれば、必然的に燃費も悪くなります。

なので、そういったリスクをすべて排除したいのであれば、カスタムバイクは最初からさけるべきなのです。


ただし、そういったリスクを承知の上でバイクをカスタムするつもりがあるのであれば、最初からカスタムしてある中古車を買っても良いのです。

一口にカスタムと言っても、その度合いは様々で、例えば私が以前乗っていたスーパーシェルパは、ハンドルが社外品になっていました。

ハンドルは、私は元を知らないのでピンときませんでしたが、旦那曰く、ノーマルのハンドルに比べて横幅が若干短く、すり抜けに便利なのだそう。
色がメタリックな紫で、見た目もちょっとおしゃれな感じでした。

街乗りメインで乗っていたので、まぁ、良かったんじゃないでしょうか。

メカニックな知識なんてもちろんありませんでしたが、そこは信頼できるバイク屋さんにお任せしていましたので、特に心配も、問題もなかったです。


ただし、フルカスタムされているようなバイクはやはり、それなりの乗り方をされていたでしょうからエンジンもかなり酷使されていた可能性がありますし、また、元の乗り主は自分の乗りやすいようにカスタムしたつもりでも、他の人にとっては乗りにくいバイクになっているといった場合もあります。

カスタム車を購入する場合、そういったリスクを少しでも軽減するために、メカニックな知識のある人に相談するか、信頼できるお店で購入した方が良いでしょう。


ちなみにこれは知人から聞いた話ですが、中古車を購入する場合、車でもバイクでも、まず走行距離を確認しますよね。

この走行距離自体、転倒歴やメーター戻しがあったりして信用できない場合も多いのですが、それはそれとして、オフロード車の場合、一概に走行距離が短かければ良いとも言えないようです。

林道やダートなどのオフロードばかりを走っているバイクは、走行距離が伸びないわりに、エンジンには結構負担がかかっています。
だから、前の所有者が長く乗っていたわりに走行距離の異様に少ないオフ車には要注意なのだそうです。


それから、もう一つ。

よく聞く話ですが、車同様、バイクのエンジンにも前の乗り主の癖がついていることがあります。
その癖によって、同じバイクでも乗りやすさは全然違うので、可能であれば、あらかじめ試乗させてもらうと良いでしょう。


なんにせよ、中古バイクを買うからには、あまり多くを求めすぎず、ある程度の許容の広さを持つことが大切ですね。


バイクブロス

人気記事はコレ!

任意保険料はいくら必要か

では具体的に、バイクの任意保険料って、いくらくらいかかるものなの? バイクという高額な買い物をした直後のあなたは、きっと心配されていることと思いますが、自賠責保険と任意保険はバイクに乗る上での必要経費...

スムーズなシフトアップとは

発進と同時にこんなエンジン音を響かせて走り去って行くバイク、見たことありませんか? ヴォーン、ヴォヴォーン、ヴォヴォーン…… シフトアップの際、クラッチを切ると同時にアクセルを2回煽ると、こういう音に...

ルールを守ったすり抜けを

すり抜け自体は別にしてもしなくてもよいものですし、安全を最重視するのであれば、むしろしない方がよいでしょう。 私自身は、時と場合によっては、すり抜けもします。 正確には「していました」でしょうか。...


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: