バイクの免許を取得しよう!もっとカッコ良く乗りこなそう!初心者、女性ライダー必見です。

バイク初心者のためのライダー1年生講座 > 初心者のためのバイク選び > どんなバイクに乗りたいか

初心者のためのバイク選び

どんなバイクに乗りたいか




バイク選びで最も大切なのは「自分の好きなバイク、乗りたいバイクは何か」ということだと思います。

免許を取ったばかりの頃、私はネイキッドのバイクに憧れていました。
一番好きだったのは、カワサキのZRX兇箸い400ccのバイク。

ヤマハのブロンコという250ccのストリートバイクにも、ちょっと興味がありました。


悩んだ末、いきなり400ccに乗るよりも(それまで原付すら乗ったことがありませんでした)小さいバイクから徐々にステップアップした方が良いと考え、ヤマハのブロンコが欲しいとバイク屋さんに伝えました。

ところがブロンコは既に型落ちしており、中古もあまり出回っていないとのこと。

「ブロンコが好きなら」と、同じヤマハのストリートバイクであるTWをすすめられましたが、どうしても興味が沸かず。

結局どうしたかというと、自分の一番好きだった400ccのZRX兇鯒磴い泙靴拭


あの時のバイク選びが正しかったのかどうかは、今になってみてもわかりません。

初心者だった私には400ccのバイクはやや手に余りましたし、「最初は小さめのバイクで練習した方が上手くなるよ」と多くのベテランライダーさんから同じことを言われました。

実際、自由自在にバイクを乗りこなせるようになったのは、250ccのオフロードバイクに乗り換えてからだったような気もします。

だから、本当はバイク屋さんのすすめ通り、少し妥協してでも、もっと扱いやすく乗りやすいバイクを選ぶべきだったのかもしれません。


ただ一つだけ、自分の意見を押し通して正解だったと思うのは、一番好きだったバイクを手に入れたことで、バイクにより深い愛着を感じることができたということ。

もしあの時、人の意見に左右されてたいして好きではないバイクを買っていたら、あれほどバイクに乗りたい、上手く走れるようになりたいと思わなかったかもしれません。

そういう意味では、やっぱり自分の意見を反映したバイク選びというのは大切だと思うのです。


具体的な車種名を挙げないまでも、「アメリカンが好き」「カウルのついたバイクがカッコイイ」など、ある程度の好みがハッキリしていれば、バイク屋さんで車種ごとの性能や特徴についてアドバイスしてもらうこともできます。

もし、好きなバイクや乗りたいバイクが何もないという人は、とりあえず買い急がずにバイク雑誌やバイクカタログをパラパラ眺めてみて下さい。
毎日眺めているうちに「このバイク、カッコイイな」と思うものが見つかるはずです。

そんなふうにバイクを物色する時間というのも、結構楽しいものですよ。

最新バイクカタログ2015 (エイムック 3042)


ただし、ただ好きというだけでどんなバイクも乗りこなせるほどの技量は、初心者ライダーにはありません。
やはり、身の丈に合ったバイクを選ぶ必要があります。

では、身の丈に合ったバイクとはどういうバイクのことか、次のページでお話したいと思います。

人気記事はコレ!

任意保険料はいくら必要か

では具体的に、バイクの任意保険料って、いくらくらいかかるものなの? バイクという高額な買い物をした直後のあなたは、きっと心配されていることと思いますが、自賠責保険と任意保険はバイクに乗る上での必要経費...

スムーズなシフトアップとは

発進と同時にこんなエンジン音を響かせて走り去って行くバイク、見たことありませんか? ヴォーン、ヴォヴォーン、ヴォヴォーン…… シフトアップの際、クラッチを切ると同時にアクセルを2回煽ると、こういう音に...

ルールを守ったすり抜けを

すり抜け自体は別にしてもしなくてもよいものですし、安全を最重視するのであれば、むしろしない方がよいでしょう。 私自身は、時と場合によっては、すり抜けもします。 正確には「していました」でしょうか。...


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: