バイクの免許を取得しよう!もっとカッコ良く乗りこなそう!初心者、女性ライダー必見です。

バイク初心者のためのライダー1年生講座 > バイクの種類を知っておこう > ビッグスクーター…快適性はナンバーワン

バイクの種類を知っておこう

ビッグスクーター…快適性はナンバーワン




スクーターと言うと、よく街中を走っている50ccの原付スクーターを連想しがちですが、スクーターの中でも排気量250cc以上のものをビッグスクーターと呼びます。

初期の頃は、おじさんバイクという印象の強かったビッグスクーターですが、ヤマハからマジェスティが発売されたことで認識が一変。

若い男性ユーザーも増え、今ではデザインも見違えるほどおしゃれになりました。

 エプシロン250

そんなこともあって、現在ではホンダのFORZA(フォルツァ)Fusion(フュージョン)、ヤマハのMAJESTY(マジェスティ)MAXAM(マグザム)、カワサキのEPSILON(エプシロン)、スズキのSKYWAVE(スカイウェイブ)など、250ccばかりでなく400ccや、600ccを超える大型排気量のものまで、豊富に取り揃えられています。


ホールド性のあるシート形状、スクリーンによる防風など快適性はピカイチで、収納スペースが広い上に積載性も高く、利便性にも優れています。

そのため街乗りや通勤に、近距離から長距離までのツーリングに、タンデム(二人乗り)にと幅広い用途で楽しむことのできるバイクです。
(ただし、最近のビッグスクーターはあまりにも大きすぎて、すり抜けや取り回しにやや不便を感じるかもしれません。)


ただし、いくらサイズが大きくなってもオートマチックであることに変わりはありませんから、他の車種に比べて動力性能が大きく劣るというデメリットがあります。

ですから、加速やコーナリングなどバイクならではの走りを楽しみたい人には向かないでしょうね。

私の旦那は初期型のマジェスティに乗っていたことがあるそうですが、同じバイクをもう一台買えるくらいの予算をかけて改造しても動力性能はほとんど上がらず、プラス10km/hが精一杯だったそうです(排気音だけは200km/hマシンといわれていたそうですが)。


ちなみに、所ジョージさんがビッグスクーター人気の火付け役とも言われていますが、ウチの旦那は、

「オレの方が、所ジョージよりも先にマジェをいじってた。多分、所さんがどっかでバリバリにカスタムしたマジェに乗ったオレを見かけて、カッコいいと思って真似したんだろうねぇ」

と、言い張っています。

…と、これは余談でした。


こんな感じで、今や若い男性に大人気のビッグスクーターですが、女性のユーザーはあまり見かけませんね。

一度だけ、中年の女性がオレンジカラーのエプシロンに乗っているのを見かけたことがありますが、かなりカッコ良かったですよ。


それから、もうひとつビッグスクーターのデメリットとして、長距離ツーリングに出かけても、誰にもツーリングライダーだと思ってもらえないという点があります。

同じくマジェスティに乗っていたバイク仲間の一人は、ビッグスクーターに乗るようになってからというもの、いつも「バイクで地元を走ってるおじさん」扱いされ、道行くライダーにピースサインを出してもらったことが一度もないと嘆いていました。

ちょっと寂しいですよね。


個人的には、街乗り用に125ccのマジェスティが一台欲しいなぁ〜と思っています。

この排気量のマジェスティは台湾YAMAHAからの輸入車になり、日本国内では生産されていませんが、小・中型スクーターは海外で生産・販売されている日本ブランドのものや、国外メーカーのものも数多くありますので、探してみると選択肢はかなりあるはずです。


人気記事はコレ!

任意保険料はいくら必要か

では具体的に、バイクの任意保険料って、いくらくらいかかるものなの? バイクという高額な買い物をした直後のあなたは、きっと心配されていることと思いますが、自賠責保険と任意保険はバイクに乗る上での必要経費...

スムーズなシフトアップとは

発進と同時にこんなエンジン音を響かせて走り去って行くバイク、見たことありませんか? ヴォーン、ヴォヴォーン、ヴォヴォーン…… シフトアップの際、クラッチを切ると同時にアクセルを2回煽ると、こういう音に...

ルールを守ったすり抜けを

すり抜け自体は別にしてもしなくてもよいものですし、安全を最重視するのであれば、むしろしない方がよいでしょう。 私自身は、時と場合によっては、すり抜けもします。 正確には「していました」でしょうか。...


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: