バイクの免許を取得しよう!もっとカッコ良く乗りこなそう!初心者、女性ライダー必見です。

バイク初心者のためのライダー1年生講座 > バイク納車時の確認事項 > ガス欠で慌てないために

バイク納車時の確認事項

ガス欠で慌てないために




チョークの他にもう一つ、確認しておかなくてはならないことがあります。
燃料コックの場所と、使い方です。

バイクにはリザーブタンクというものがあり、メインタンクがガス欠になった時、燃料コックを切り替えることでリザーブタンク分だけ走行が可能になります。

車でガス欠を起こしたことがあるという人は、そうはいないと思いますが、バイクは車に比べてタンク容量がかなり小さいため、常にガス欠の危機と隣り合わせです。

まぁ、常に、というのは大袈裟かもしれませんが、少なくともオフロードバイクのようなタンクの小さいバイクの場合、山奥のちょっと長い峠を走っていてガソリンスタンドが見つからなかったりすると、結構焦ります。

そんな時、リザーブタンクの助けがあるだけでもかなり違いますので、これは絶対に覚えておいて下さいね。


燃料コックには普通『ON』と『RES』という表示があり、通常は『ON』になっています。
『RES』というのがリザーブのことで、メインタンクがガス欠を起こした場合は、このコックを『RES』に切り替えます。

たったこれだけの作業で、再び走行が可能になります。

(リザーブを使って給油をした後は、コックを忘れずに『ON』に戻しておきます)

これら2つの表示の他、バイクによっては『PRI』という表示のあるものもあります。
これはガソリンを強制的にキャブレターに送り込むためのコックで、ガス欠で止まってしまった、長期間エンジンをかけなかったなど、キャブ内のガソリンが減りすぎてエンジンが始動できなくなってしまった場合に使います。


私が初めてバイクに乗ることになった時、バイク屋さんからこう言われました。

「ガス欠は一度やっといた方がいいよ。突然ガス欠起こすとパニックになったりするから、練習のために」

で、言われた通り、わざと給油せずにガス欠になるまで走ってみましたが、故意にやったにも関わらず、ちょっぴりパニクってしまいました。

ガス欠した時、バイクがどんな状態で止まるのかを知っておくためにも、一度経験しておくといいですよ(これを知らずにいると、ガス欠した時、バイクが壊れたと勘違いして大慌てします)。


自分のバイクのタンク容量と燃費も、最初にきちんと把握しておきましょう。
バイクによっては燃料計がついていなかったりしますから、「もうどれだけ走ったから、そろそろ給油しておこうかな」と、タンクの中の残量を常に頭の片隅に置いておく必要があります。
(そのためにも、給油をした後は必ず距離計をゼロに戻しておきます)

燃費は、このような方法で計算します。

1.ガソリンを満タンにし、距離計をゼロに合わせておきます。
2.次の給油の際、メーターで走行距離を、領収証で入ったガソリンの量を確認する。
3.走行距離を入ったガソリンの量で割る。

例えば、走行距離が350km、入ったガソリンの量が20Lだった場合、

350÷20=17.5

で、燃費は17.5km/Lということになります。

メインだけでなく、リザーブでどれだけの距離を走行できるのかも知っておきましょう。
リザーブ内のガソリンが切れてしまったら本格的なガス欠ですから、より注意が必要です。
(リザーブが切れたら、ガソリンスタンドまでバイクを押して歩かなくてはなりません。)


とは言え、基本はメインタンクのみでの走行。
リザーブを使わずに済むような、小まめな給油を心がけて下さい。

次のページでは、意外と戸惑う人の多い給油キャップの開け方についての確認です。

人気記事はコレ!

任意保険料はいくら必要か

では具体的に、バイクの任意保険料って、いくらくらいかかるものなの? バイクという高額な買い物をした直後のあなたは、きっと心配されていることと思いますが、自賠責保険と任意保険はバイクに乗る上での必要経費...

スムーズなシフトアップとは

発進と同時にこんなエンジン音を響かせて走り去って行くバイク、見たことありませんか? ヴォーン、ヴォヴォーン、ヴォヴォーン…… シフトアップの際、クラッチを切ると同時にアクセルを2回煽ると、こういう音に...

ルールを守ったすり抜けを

すり抜け自体は別にしてもしなくてもよいものですし、安全を最重視するのであれば、むしろしない方がよいでしょう。 私自身は、時と場合によっては、すり抜けもします。 正確には「していました」でしょうか。...


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: