バイクの免許を取得しよう!もっとカッコ良く乗りこなそう!初心者、女性ライダー必見です。

バイク初心者のためのライダー1年生講座 > バイクはどこで買うべきか? > オークションでバイク購入

バイクはどこで買うべきか?

オークションでバイク購入




中古でいいから、とにかく安く買いたい。
そう思った時、誰しも一度は、ネットオークションでのバイク購入を考えてみるのではないでしょうか。

私も、中古バイクの購入を考えていた時に、何度かヤフオクをのぞいてみました。

入札までしてみたものの、結局、落札には至りませんでしたが。


中古車の購入には、必ず何らかのリスクを伴います(“中古車のメリット・デメリット”参照)。

ましてやネットオークション、まったく見知らぬ赤の他人と取り引きをするわけですから、ただ中古という以上のリスクがあることは間違いありません。

良心的な出品者ばかりであれば良いのですが、実際にある不具合を「バレなければいい」と黙っている出品者も、確かにいるのです。

いざ届いた落札品が写真とは似ても似つかぬほどボロボロだったり、あちこち不具合だらけだったり、車検に通らないような数々の改造が施されていたり……なんてことも、無きにしも非ず。


もちろん、良い出品者、良い品物に巡り逢うことができれば、市場に出回っている中古車よりもうんと安く買えて、多少の不具合もプラスアルファ程度で修理できて、ラッキー♪

…となるのでしょうが、そういった出品者、出品物にどれだけの確立で巡り逢えるかもわかりませんし、万が一、ボロボロのガタガタのバイクが届いたら…。


というリスクを冒してまでオークションでバイクを購入しようという気には、私はなれませんでした。

(それでも入札してみたのは、予算の何分の一以下の破格の値段で手に入るなら、お金をドブに捨てるつもりで落札してみてもいいかな~…という気持ちがあったのですが、いくらオークションと言えどもそこまで甘くはないものですね。)


それでも、良い品物に巡り逢えることを願ってオークションでバイクを買う度胸のある人は、まずバイクに詳しい人に出品物を見てもらい、質問欄にて確認すべき点をすべて質問し、それで納得がいったら、現物を見に行くこと!

ネット上のやり取りだけで、その出品者を100%信用することはできません。

できるだけ現物を見て(もちろん、バイクに詳しい人にも一緒に見てもらって)、走行が可能な状態であれば、試乗させてもらって、それから予算を決め、入札しましょう。

現物を見に行くのが不可能ならば、細かい部分のよくわかる画像をメールで送ってもらうなどしても、いいでしょう。


我が家のXR250モタードも、実はネットオークションで購入しました。
但し、業者オークションです。

お世話になっているバイク屋さんに探してもらい、落札してもらいました。

届いた時には、バイク屋のお兄さんが「これは大当たりですよ!」と言ったほど、新品に近い中古車でしたが、逆に言えば、「これはハズレですね」となる可能性もあったということです。

それでも、個人間のネットオークションと違うのは、バイク屋さんを通して取り引きしているので、アフターサポートがあるという点。

個人間のネットオークションで買うよりは高いかもしれませんが、それも安心料だと思えば安いものです。

人気記事はコレ!

任意保険料はいくら必要か

では具体的に、バイクの任意保険料って、いくらくらいかかるものなの? バイクという高額な買い物をした直後のあなたは、きっと心配されていることと思いますが、自賠責保険と任意保険はバイクに乗る上での必要経費...

スムーズなシフトアップとは

発進と同時にこんなエンジン音を響かせて走り去って行くバイク、見たことありませんか? ヴォーン、ヴォヴォーン、ヴォヴォーン…… シフトアップの際、クラッチを切ると同時にアクセルを2回煽ると、こういう音に...

ルールを守ったすり抜けを

すり抜け自体は別にしてもしなくてもよいものですし、安全を最重視するのであれば、むしろしない方がよいでしょう。 私自身は、時と場合によっては、すり抜けもします。 正確には「していました」でしょうか。...


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: