バイクの免許を取得しよう!もっとカッコ良く乗りこなそう!初心者、女性ライダー必見です。

バイク初心者のためのライダー1年生講座 > バイクはどこで買うべきか? > レッドバロンってどうなのよ

バイクはどこで買うべきか?

レッドバロンってどうなのよ




レッドバロンって、あまり評判良くないですよね。
ベテランライダーでレッドバロン贔屓の人には、いまだ出会ったことがありません。

ですが、初めてバイクを買う人にとって、ああいったチェーン店はわりと敷居が低いですし、現物もいろいろあってわかりやすい。

店舗としては、なかなか魅力的なんです。


それなのに、レッドバロンはなぜ、そんなに嫌われるのでしょうか?
レッドバロンでの購入を視野に入れている人にとっては、気になる所ですよね。


多くの人は、レッドバロンについてこう言います。

スタッフの技術に差がある。

つまり、店舗によっては良いスタッフもいるけれど、ロクなスタッフのいない店舗もある。
また、チェーン店ゆえに、良いスタッフがいても、いつ他店へ異動してしまうかわからない。

ということは、良いスタッフのいない店舗では、バイクの整備不良が出る可能性も考えられる。


確かに、異動があることを考えると、スタッフとの信頼関係を築くことも難しいですし、整備不良も気にかかりますよね。


ですが、ちょっと待って下さい。

レッドバロンにも、それなりに長所はあるのです。

それは、チェーン店ならではのサポート体制。

全国各地に直営店や指定工場が点在しているため、万が一、ツーリング先で事故や故障があった場合にも、最寄のレッドバロンでお世話になることができるという、ありがたいシステムです。


ちなみに、このサポートは、レッドバロンでバイクを買った人しか受けられません。

随分昔ですが、私がツーリング先で派手に転倒し、バイクが動かなくなってしまった時、JAFもJBRも、その他のどのロードサービスも来てくれなかったため(GW中で、ロードサービスはどこも大忙しだったのです)、苦肉の策でレッドバロンに電話してみたことがあります。

当然ながら、アッサリ断られました。

その時は、「これだからレッドバロンは・・・」と胸中で悪態ついてみたものですが、考えてみれば当然ですよね。
そのお店でバイクを買った人に対して優遇措置があることを、誰も責めることなんてできません。

つまり、レッドバロンでバイクを購入した人は、無料でロードサービスに加入したも同然なんですね(“ロードサービスを考えよう”参照)。


私の友人に、レッドバロン嫌いで有名なバイク乗りの男性がいます。

ところが彼は、自分の奥さんがバイクの免許を取得し、バイクに乗ることになった時には、わざわざその大嫌いなレッドバロンでバイクを購入したのです。

奥さんが一人の時に、何かあった時のことを心配し、レッドバロンのサポート体制を重視しての選択だったわけです。


と、レッドバロンでバイクを購入することにも、それなりのメリットがあるわけですが、スタッフの質による整備不良などは、やっぱり心配ですよね。

身近にバイクに詳しい友人がいるのであれば、一緒について来てもらうと良いのですが、そういった人がいない場合は、レッドバロンのスタッフを信じるしかありません。

大切なのは、バイク購入後に何らかの不調を感じたら、すぐにお店で見てもらうことです。
購入後すぐであれば、クレーム処理できちっと修理してくれるはずですから。


レッドバロンでバイクを買って、その後のメンテナンスは他に良いお店を探してお願いしてもいいですし(それでも、レッドバロンでバイクを購入したのであれば、アフターサポートは受けられるはずです)、これらのことを踏まえた上で、レッドバロンでバイクを購入すべきかどうか、それはあなた自身で判断して下さい。

レッドバロン


ちなみに私は、レッドバロンへバイクを下見に行ったことはありますが、購入したことはありません。

だけど、ロードサービスにも入っていなかったので、「このバイクがレッドバロンで購入したものだったら…」という後悔がよぎったことは、2回ほどありましたね……。


それではネット社会の今、インターネットでのバイク購入についても、少し考えてみましょう。

人気記事はコレ!

任意保険料はいくら必要か

では具体的に、バイクの任意保険料って、いくらくらいかかるものなの? バイクという高額な買い物をした直後のあなたは、きっと心配されていることと思いますが、自賠責保険と任意保険はバイクに乗る上での必要経費...

スムーズなシフトアップとは

発進と同時にこんなエンジン音を響かせて走り去って行くバイク、見たことありませんか? ヴォーン、ヴォヴォーン、ヴォヴォーン…… シフトアップの際、クラッチを切ると同時にアクセルを2回煽ると、こういう音に...

ルールを守ったすり抜けを

すり抜け自体は別にしてもしなくてもよいものですし、安全を最重視するのであれば、むしろしない方がよいでしょう。 私自身は、時と場合によっては、すり抜けもします。 正確には「していました」でしょうか。...


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: