バイクの免許を取得しよう!もっとカッコ良く乗りこなそう!初心者、女性ライダー必見です。

バイク初心者のための“ライダー1年生講座” > 女性ライダーは大変なのだ > 嫌がらせはどう対処する?

女性ライダーは大変なのだ

嫌がらせはどう対処する?

それでなくともバイクというのはドライバーから軽視されやすい乗り物ですが、女性ライダーの場合は特に、露骨な嫌がらせに合うことが多いような気がします。


まず、無理な追い越し。

片側一車線の公道を流れに乗って走っていると、突然、後続車がすごい勢いで追い越して行きます。

急いでいるのかと思いきや、私とその前の車の間に無理に割り込んでくると(そもそも車一台分の車間距離しか空けていないというのに)、もうそれで満足らしく、のんびり私の前を走っています。

頑丈な鉄の箱に守られているドライバーさんにはわからないでしょうが、自分の体を掠めるように追い越される恐怖というのは、言葉ではとても言い表せません。

ものすごく、ものすごく腹が立ちます。


嫌がらせは、それだけではありません。

交差点にて、信号が青になり左折しようとすると、ものすごい勢いで右折してくる対向車。

信号待ちしていると、左に寄っているわけでもないのにぴったり隣に並んでくる後続車。


女性ライダーに限らず、バイク乗りなら誰しも経験していることだと思います。

が、女性ライダーの場合は、そのような嫌がらせを受ける確立が男性ライダーよりも多いような気がします。


女性はナメられやすいのか、それとも運転の仕方に問題があるのか。

原因はわかりませんが、私の経験上、嫌がらせをしてくるドライバーの約半数は、私と同年輩と思われる若い女性でした。

旦那に聞いてみると、若い女性からの嫌がらせは経験ないそうなので(下手な運転で迷惑をこうむったことは別として)、まるで故意に女性ライダーを狙って嫌がらせをしているような、意図的なものを感じます。


女の敵は女なのか?


なんだか、悲しくなります。


理由はどうあれ、嫌がらせを受けないためには、まず自分の運転から見直さなくてはなりません。

男性よりも女性ライダーの方が嫌がらせを受けることが多いのは、女性ライダーの運転が危なっかしい、もしくは危なっかしいという偏見があるからだと思います。


私自身、女だからというだけでナメられることのないよう、街中でもできるだけ機敏な走りをするよう心がけています。

・ドライバーに隙を見せない
・ドライバーを不愉快にさせない

この2点は鉄則ですね。


もちろん、どんなに機敏な運転、安全な運転をしていても、こちらがバイクである限り、女性ライダーである限り、嫌がらせがなくなることはないでしょう。

それでも、運転技術を磨くことで、少なくとも、

「私が悪かったのかも…」

という負い目を感じる必要はなくなりますよね。


悪質なドライバーの嫌がらせに屈しないためにも、女性ライダーの皆さん、まずは腕を磨きましょう!