バイクの免許を取得しよう!もっとカッコ良く乗りこなそう!初心者、女性ライダー必見です。

バイク初心者のための“ライダー1年生講座” > 女性ライダーは大変なのだ > ヘルメットの中のお化粧は?

女性ライダーは大変なのだ

ヘルメットの中のお化粧は?

女性ライダーの永遠の悩み。
それは、お化粧ではないでしょうか。

お化粧したら、ヘルメットのインナーにファンデーションとかついちゃうし。

皆さん、ほんとにどうされているんでしょうね。

インナーを毎回洗濯してる? お化粧せずに乗る?

私は、『お化粧しない派』です。

後からインナー洗えばいいのかもしれないけど、やっぱりイヤなんです。
インナーにファンデーションやら何やらつくのは。


というのは建前で、そもそも私は今までの人生で数えるほど(というのは大袈裟か)しかお化粧したことがないという、根っからの『お化粧しない派』なのです。

フォーマルな場所でしかお化粧しない私が、わざわざバイクに乗る時だけお化粧しようかどうか悩む必要ないですよね。

だから、私に関しては、バイクに乗る時のお化粧…で悩むことはまずないんですが、普通の女性にとっては、結構悩みどころだと思います。


一番良いのはポイントメイクのみ、ではないでしょうか。
アイメイクと口紅だけ、てな感じ。

これだけなら、ヘルメットのインナーもさほど汚れませんし、なんとなくお化粧しているなという感じも伝わります。


ちなみにツーリングの途中で飲食店に入った時。
バイク乗りは必ずと言っていいほど、おしぼりで真っ先に顔を拭きます(ごめんなさい、私もやってます)。
ヘルメットをかぶっていても排気ガスは完全にはシャットアウトできませんから、おしぼりは真っ黒になります。

ファンデーションの上にこれだけの汚れをくっつけて丸一日を過ごすって、肌にすごく負担がかかりそうですよね。

そういう意味でも、やっぱりポイントメイクだけ! が、おすすめです。


でも、気持ちいいですよ。
ツーリング中に熱いおしぼりで顔を拭くのって。
これを体験したい女性は、キッパリお化粧を諦めましょう。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: