バイクの免許を取得しよう!もっとカッコ良く乗りこなそう!初心者、女性ライダー必見です。

バイク初心者のためのライダー1年生講座 > こんな失敗には要注意! > バイクとコンタクトレンズの相性

こんな失敗には要注意!

バイクとコンタクトレンズの相性




バイク仲間の一人に、

「バイクに乗る時はコンタクトはしない」

というポリシーを持っていて、言葉通りツーリングの時は必ずメガネで登場する人がいます。


彼の気持ち、私にはすごくわかります。
バイクとコンタクトレンズって、実はすごく相性が悪かったりするんです。

バイクに乗っている時のコンタクトトラブルを、私も何度か経験しています。


コンタクトをつけている人なら経験あるでしょう。
目にゴミが入った時の、あの痛さ。

コンタクトを取ろうにも、あまりの痛みに目を開けることすらできない。
目を閉じて、ひたすら涙がゴミを洗い出してくれるのを待つ時間のつらいこと。


最初に経験したトラブルは、ソロで走っていた時のこと。
ちょっと長いトンネルの中を走っている時に目にゴミが入ってしまったんです。

あれは、かなりキツかったです。

トンネルの中で止まるのはあまりにも危険だし、とにかく外へ出てから…と片目運転で頑張りましたが、涙でくもった視界にオレンジ色の照明と対向車のライトがチカチカと反射し、本気で事故るかと思いました。

トンネルを出て、数百メートルほど走ってから路肩にバイクを止め、ひとまずコンタクトを外しましたが、コンタクトケースも、それにメガネも持っていなかったので、唾液で汚れを落として(本当はダメなんですけどね)、再び装着しました。

バイクとコンタクトレンズ


2回目のトラブルは、マスツーリングの時。
しかも、峠の下り途中。

運転中は目を酷使する上に、ヘルメットの隙間から風が入るので、知らず知らずのうちに目が乾いていたのでしょう。
突然、ポロリとコンタクトレンズが片方落ちてしまったのです。

後続がいたため、一瞬の判断で左に寄り、バイクを止めました。
幸い落ちたコンタクトは下まつげの上に乗っかっていて、無事、装着し直すことができましたが、あのまま失くしてしまっていたら…と考えるとゾッとします。


ちなみにどちらの時も、私はフルフェイスのヘルメットをかぶっていました。
それでも、こういうことがあるのです。
ジェットヘルの場合は顎の方からの風の吹き込みがかなりあるので、コンタクトをしている人はフルフェイスにした方が無難です。

本当はメガネをかけて乗った方がいいのでしょうが、私の場合はコンタクトの方がよく見えるので、コンタクトにしています。


ただ、こういったトラブルを経験して以来、ツーリングには必ずコンタクトケースとメガネを持参するようにしています。


メガネはちょっと…という人には、使い捨てコンタクトの使用をおすすめします。

ツーリングへ行く時のために、1dayのコンタクトを常備しておくと安心です。
私も、しょっちゅう走りに行っていた頃は1day+メガネでした。

人気記事はコレ!

任意保険料はいくら必要か

では具体的に、バイクの任意保険料って、いくらくらいかかるものなの? バイクという高額な買い物をした直後のあなたは、きっと心配されていることと思いますが、自賠責保険と任意保険はバイクに乗る上での必要経費...

スムーズなシフトアップとは

発進と同時にこんなエンジン音を響かせて走り去って行くバイク、見たことありませんか? ヴォーン、ヴォヴォーン、ヴォヴォーン…… シフトアップの際、クラッチを切ると同時にアクセルを2回煽ると、こういう音に...

ルールを守ったすり抜けを

すり抜け自体は別にしてもしなくてもよいものですし、安全を最重視するのであれば、むしろしない方がよいでしょう。 私自身は、時と場合によっては、すり抜けもします。 正確には「していました」でしょうか。...


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: