バイクの免許を取得しよう!もっとカッコ良く乗りこなそう!初心者、女性ライダー必見です。

バイク初心者のためのライダー1年生講座 > 覚えておきたい基本操作 > バイクは腰で操作する

覚えておきたい基本操作

バイクは腰で操作する




軽快な走りをする上で必要不可欠なのが、この「腰で乗る」ということだと、私は思っています。

初めて「腰で乗る」ことを意識したのは、バイク仲間とマスツーリングに出かけた時のこと。
私の前を走っていたベテランのバイクが、右へ左へスイ、スイと、妙になめらかで機敏な動きをしていることに気付いたのです。

通常、バイクというのは車体を倒すことで右左折の操作をします。

多少安定している、していないの差はありますが、大きなコーナーの場合、みんな似たり寄ったりの走りに見えますよね。


ですが、もっと細かな動き、例えば車道を走っている自転車をよけるとか、右折待ちの車の横を抜けるとか、車線変更をするというような動作をする場合、乗れている人と乗れていない人の差は歴然とします。

下手な人は、やわ〜っと曲線を描きながら障害物をよけるのに対し、上手い人は直角に近いラインで障害物を回避します。

この下手なイラストを見ただけでも、全然違うのがわかりますよね。


なんで? 自分とどこが違うんだろう?
と、後から考えてみました。(←上手くなるためには、この「なんで?」という疑問を持つことが大切
そして、上手なバイク乗りを観察するうちに、気付きました。


機敏な走りをしているバイク乗りは、腰でバイクを操っているのだ、ということに。


試しにバイクで走行中(後続車の迷惑にならない所で)、上半身は固定したまま、自分のお尻を右へ、左へと振ってみて下さい。
その動きに合わせて、バイクが右へ、左へ進路変更するのがわかるはずです。

要は、腰を左右に振ることでバイクが軽く左右に傾き、進路が変わるというわけですね。
これのできない人は、ハンドル操作で進路変更をしているため、瞬発力に欠けた鈍い動きしかできないわけです。


これを覚えるだけで、今までとは見違えるような機敏な走りが可能になります。
瞬発力も身に付いて危険も回避しやすくなりますし、一石二鳥ですね。

機敏な走りをするためだけでなく、「腰で乗る」ということは、コーナーリングのテクニックを身に着ける上でも重要です。

まずは、基本中の基本。
腰でバイクを自由自在に操れるようになるまで、しっかり練習して下さい。


次のページからは、待ちに待ったコーナーリングテクニックについてです。

人気記事はコレ!

任意保険料はいくら必要か

では具体的に、バイクの任意保険料って、いくらくらいかかるものなの? バイクという高額な買い物をした直後のあなたは、きっと心配されていることと思いますが、自賠責保険と任意保険はバイクに乗る上での必要経費...

スムーズなシフトアップとは

発進と同時にこんなエンジン音を響かせて走り去って行くバイク、見たことありませんか? ヴォーン、ヴォヴォーン、ヴォヴォーン…… シフトアップの際、クラッチを切ると同時にアクセルを2回煽ると、こういう音に...

ルールを守ったすり抜けを

すり抜け自体は別にしてもしなくてもよいものですし、安全を最重視するのであれば、むしろしない方がよいでしょう。 私自身は、時と場合によっては、すり抜けもします。 正確には「していました」でしょうか。...


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: