バイクの免許を取得しよう!もっとカッコ良く乗りこなそう!初心者、女性ライダー必見です。

バイク初心者のための“ライダー1年生講座” > ただひたすら走り込む > コーナーリングを攻略すべし

ただひたすら走り込む

コーナーリングを攻略すべし

前のページで、ホームコースを作ってひたすら走り込むことを提案しましたが、“マニュアル本で知識をつける”のところでお話したように、練習の前にはまず基本を押さえておく必要があります。


コーナーリングのテクニックは本当に大切です。
ライディングの上手い、下手が歴然に出てしまいますから。

時々、いますよね。

よく、「高速道路で○百キロ出しちゃってさぁ〜」なんて得意気に話しているライダーさん。

だけど、それなりのバイクに乗っていて、スピードに対する恐怖心を捨てることができれば、○百キロで高速道路を走行することは誰にだって出来てしまいます。

直線道路を走ることと、スピードを出すことには、何の技術も必要ないからです。


私がZRX(400cc)に乗っていた頃のことです。
バイク仲間数人で、ビーナスラインを走ったことがありました。

私の前を走っていたのは、CB400SF乗りの女性ライダー。
ベテランらしく、安定したパワフルな走りをする女性でした。

ところが、下りのコーナーリングで彼女のペースが一気にダウン。
背後に迫っていた私は、一瞬ヒヤリ。
その後の直線で持ち直しましたが、次のコーナーで再びペースダウン。

ずっと、その繰り返しでした。


さらに数年後、やはりバイク仲間数人で九州へツーリングに行った時のことのことです。
県境の山越え途中に、気持ちのよい中高速コーナーがありました。

当時、私が乗っていたのは250ccのスーパーシェルパ。
私の後ろを、400ccの真っ赤なドカティに乗る女性ライダーが走っていました。

この女性も結構ベテランだったはずですが、やはりコーナーでペースダウン。
長めの直線で、彼女が追いついてくるのがミラー越しに確認できましたが、次のコーナーで再び失速。

この時も、その繰り返しでした。


練習すれば、もっと上手くなるはずの人たちなのに「もったいない」というのが、私の正直な思いでした。


もちろん、速ければいいというものでもありません。
ですが、少なくとも下手なコーナーリングは事故につながる可能性があります。

多いのが、コーナーに進入してから「曲がりきれないかも」と不安を感じ、ちょこちょことブレーキをかけて速度を調整する人。

コーナーリングで失速する人の多くは、これをやってしまっているはずですが(私も、初心者の頃はやっていました)、コーナーリング中にブレーキを使うとタイヤが滑りやすくなり、大変危険です。


それでは、どうすればコーナーを上手く走れるようになるのでしょうか。

読んでみて、「これはわかりやすい」と思うレポートがありましたので、ご紹介しておきます。

【無料レポート】1日15分 バイク初心者でも速くなっちゃう8つの秘訣!!

おすすめですので、ぜひ読んでみて下さいね。


コーナーリング(特に下り)の不安がなくなると、バイクはもっともっと面白くなります。
バイクの醍醐味でもあるワインディングを、安全に、そしてカッコよく楽しみましょう!


◇実はライター☆カッコいい!バイク型ライター2個☆【サングラスの店ワールドファッショングラス】着信で光る!中野真矢 レプリカヘルメットストラップ[2005ver.]【携帯グッズ専門店のストラップヤ!】カエルのバイク隊(MN402634)【アジアン雑貨 HOA】

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: