バイクの免許を取得しよう!もっとカッコ良く乗りこなそう!初心者、女性ライダー必見です。

バイク初心者のためのライダー1年生講座 > 操作イメージと走行練習 > タンデムで走ってみよう!

操作イメージと走行練習

タンデムで走ってみよう!




身近にベテラン(乗れてる)ライダーがいる人は、ただ一緒に走るだけでなく、タンデム(二人乗り)してみることをおすすめします。

タンデムと言っても、あなたが後ろに乗せてもらうわけではありません。
あなたが、相手を後ろに乗せるんです。

…もちろん、あなたが免許を取得してから1年以上経過している必要がありますが。

では、タンデムすることで、どんなメリットがあるのか?

アクセルワーク、ブレーキング、クラッチ操作…。

後ろに乗るということは、並走したり、前後になって走る以上に、いろいろなことが見えてきます。
つまり、操作のアラが見えるというわけです。

背後で見張られるというのは、初心者にとっては大変緊張することですが、やるだけの価値はあるはずですので、ぜひ試してみましょう。


私もベテランライダーを後ろに乗せて走った経験がありますが、その頃の私は(既に初心者ではありませんでしたが)、まだ『エンジンの回転数を合わせる』というを知りませんでした。

この、エンジンの回転数を合わせることのメリットと、そのやり方についてはまた別の機会にお話しますが、回転を合わせずにシフトダウンしていくと、どういう状態になるか?

ギアを落とした時のショックが大きく、スピードもガクンと一気に低下します。

そのストレスを避けるため、私は赤信号などで止まる際、一気にギアをローまで落とし、それからニュートラルに入れて惰性で停止線まで進むという、変な癖を身につけていました。


そんな運転でベテランさんを後ろに乗せたものですから、

「それはマズイよ」

と、ここを思い切り突っ込まれてしまったのです。


その場で回転数の合わせ方を教えてもらい、タンデムでちょっと練習し、いくつかアドバイスをもらいました。

すぐには上手くなりませんでしたが、その後もバイクに乗るたびに意識して回転数を合わせる練習をしたため、今ではしっかり身についています。


おそらく、ベテランライダーとタンデムする機会がなければ、いつまでもあの変な癖は抜けなかっただろうし、回転数の合わせ方も知らないままだったでしょうね。


もし、あなたの周りに信頼できるベテランライダーがいたら、

「アクセルワークやクラッチ操作を見てほしいので、後ろに乗って下さい」

と、お願いしてみましょう。
そして、気付いた点をアドバイスしてもらいましょう。

それだけで、あなたのライディングテクニックがワンランクアップすること、間違いなしです。


次は、バイクの練習場所についてです。

人気記事はコレ!

任意保険料はいくら必要か

では具体的に、バイクの任意保険料って、いくらくらいかかるものなの? バイクという高額な買い物をした直後のあなたは、きっと心配されていることと思いますが、自賠責保険と任意保険はバイクに乗る上での必要経費...

スムーズなシフトアップとは

発進と同時にこんなエンジン音を響かせて走り去って行くバイク、見たことありませんか? ヴォーン、ヴォヴォーン、ヴォヴォーン…… シフトアップの際、クラッチを切ると同時にアクセルを2回煽ると、こういう音に...

ルールを守ったすり抜けを

すり抜け自体は別にしてもしなくてもよいものですし、安全を最重視するのであれば、むしろしない方がよいでしょう。 私自身は、時と場合によっては、すり抜けもします。 正確には「していました」でしょうか。...


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: