バイクの免許を取得しよう!もっとカッコ良く乗りこなそう!初心者、女性ライダー必見です。

バイク初心者のためのライダー1年生講座 > 操作イメージと走行練習 > マニュアルで知識をつける

操作イメージと走行練習

マニュアルで知識をつける




「自由で硬派なバイク乗りが、マニュアル本なんて読んでられるか!」

なんて言わずに、まぁ一度、試しに読んでみて下さい。

マニュアル本でバイクの乗り方を勉強するなんて、なんだかせこせこしてカッコ悪い…と思われるかもしれませんが、我流で下手な乗り方をしているよりは、よほどマシです。

バイクの免許を取得して間もない、ある日。
自宅のガレージの隅に一冊の本が置かれているのを見つけました。

バイクの乗り方に関する、マニュアル本でした。

おそらく兄のものだったのでしょう。
ぺらぺらと中をめくってみると、これが案外面白いんです。


コミカルなイラスト付きで、とっつきやすい。
初心者にも理解しやすいように書かれた内容。

初心者向けに、これだけ細かく親切に書かれた入門書って、他にはないのではないでしょうか。
公道を走るための基本からライディング・テクニック、ツーリングのノウハウまで、これ一冊ですべてが学べます(このサイトの構成に近いですね)。


それが、この本。

 ライディング事始め

私は今でも、時々この本を読み返しては初心を取り戻すようにしています。


さらに、もう一歩踏み込んで、ライディングのテクニックを集中的に学びたいという人には、こちらをおすすめします。

 上手に乗りたい人のバイクライディングマニュアル

ライディングポジションやブレーキングのコツなど、バイクを上手く乗りこなすために知っておくべきことが、すべて書かれています。

オンロード、オフロード、スクーター、アメリカンと、車種別に乗り方のコツが書かれているのも有りがたい。
車種が違うだけで、乗り方もかなり違ってきますから。


そして、もう一つ。こちらもぜひ、読んでみて下さい。
初めてバイクの乗る人から、ライテクで伸び悩んでいる中級者まで、おすすめです。

私も、バイクに乗り始めて10年経ち、「もう初心者じゃないぞ(多分、中級者くらい)」という頃になって販売開始されたこのマニュアルを読んでみましたが、かなり参考になりました。

私が読んだのは、文章と写真、図解のみのpdf版でしたが、今では動画も導入され、かなり本格的な仕様になっているようですね。

ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法


「だけど、マニュアルなんて読まなくても、乗り続けるうちに上手くなるんでしょ?」

いいえ、そうとも限りません。
というより、いくら練習しても基本が間違っていたら意味ありません。


私の知っているある男性ライダーは、私より10年以上も長くバイクに乗っているベテランですが、誰にテクニックを教わるわけでもなくずっとソロ(単独)で走っていたため、ブレーキの使い方はめちゃくちゃ。
シフトチェンジする時に回転を合わせることも知りません。

なので、他のバイク仲間からは「○○さんの後ろを走るのは怖い」と、ひそかに恐れられて(?)いますが、本人には自分が下手だという自覚はないようです。


教習所で教えてくれないことって、実はすごくたくさんあるんです。

そういうことを教えてくれる人がいるのならマニュアル本は必要ありませんが、周りに教えてくれる人がいないのであれば、せめて本くらいは読んでおきましょう。


では、次のページから、バイクの運転が上手くなるためのトレーニングに入ります!

人気記事はコレ!

任意保険料はいくら必要か

では具体的に、バイクの任意保険料って、いくらくらいかかるものなの? バイクという高額な買い物をした直後のあなたは、きっと心配されていることと思いますが、自賠責保険と任意保険はバイクに乗る上での必要経費...

スムーズなシフトアップとは

発進と同時にこんなエンジン音を響かせて走り去って行くバイク、見たことありませんか? ヴォーン、ヴォヴォーン、ヴォヴォーン…… シフトアップの際、クラッチを切ると同時にアクセルを2回煽ると、こういう音に...

ルールを守ったすり抜けを

すり抜け自体は別にしてもしなくてもよいものですし、安全を最重視するのであれば、むしろしない方がよいでしょう。 私自身は、時と場合によっては、すり抜けもします。 正確には「していました」でしょうか。...


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: