バイクの免許を取得しよう!もっとカッコ良く乗りこなそう!初心者、女性ライダー必見です。

バイク初心者のためのライダー1年生講座 > 操作イメージと走行練習 > 女性ライダーは考えない?

操作イメージと走行練習

女性ライダーは考えない?




昔、バイク仲間の一人が、こんなことを言っているのを耳にしました。

「女のバイク乗りって、どうすれば上手く走れるか考えないらしいよ」

周りの男性は「え! マジ!?」と驚いたり、「どうりで…」と納得したり。


近くでこの話を聞いていた私は、

「よかった、私は合格」

と、胸を撫で下ろしたものです。


バイクの運転なんて頭でするもんじゃない、体で覚えるもんだ!

と思われる人もいるかもしれません。
それはそれで正しいのですが、物事には手順というものがあります。

頭で考え、体で覚える。

これが、バイクに上手く乗れるようになるための手順だと、私は思っています。


男性だから運転が上手い、女性だから下手、と区別されるのは、女性ライダーの端くれとして決して面白いことではありません。

ですが、私自身、「この人は上手い!」と思えるだけの女性ライダーに出会ったことって、数えるほどしかないんですよね。残念ながら。

そもそも男性よりも女性ライダーの方が圧倒的に少ないので、比べること自体が難しいのかもしれませんが、例えば「この人は乗れているな」と思える人が、男性ライダーで約3分の1くらいいるとします。
ところが、女性ライダーには1割もいないんです。

女性ライダーにも、もちろんベテランと言える人はたくさんいます。
過酷なツーリングが好きな人、一人であちこち旅している人、スピードに自信のある人…。
ですが、それだけでは「上手い」とは言えませんよね。


で、この違いがどうやら、「考えて走っているか、いないか」にあるらしいのです。


男性ライダーにも引けを取らないほどかどうかは別として、私は、女性ライダーとしてはそこそこ走れる方でしょう。
車種にもよりますが、峠を攻めたら、そんじょそこいらの男性ライダーにも引けを取らないと思っています。

こう自信を持って言えるのは、私が上手くなりたい一心で、それだけ努力をしてきたからです。


せっかくバイクに乗るのなら、やっぱり上手くなりたいですよね?
のんびり旅するのもいいけど、峠だって速く走れるようになりたいですよね?


「ウンウン」と納得された方は、ぜひこの続きを読んでください。

そしてあなたも、今日から「考える女性ライダー」の仲間入りです!

人気記事はコレ!

任意保険料はいくら必要か

では具体的に、バイクの任意保険料って、いくらくらいかかるものなの? バイクという高額な買い物をした直後のあなたは、きっと心配されていることと思いますが、自賠責保険と任意保険はバイクに乗る上での必要経費...

スムーズなシフトアップとは

発進と同時にこんなエンジン音を響かせて走り去って行くバイク、見たことありませんか? ヴォーン、ヴォヴォーン、ヴォヴォーン…… シフトアップの際、クラッチを切ると同時にアクセルを2回煽ると、こういう音に...

ルールを守ったすり抜けを

すり抜け自体は別にしてもしなくてもよいものですし、安全を最重視するのであれば、むしろしない方がよいでしょう。 私自身は、時と場合によっては、すり抜けもします。 正確には「していました」でしょうか。...


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: