バイクの免許を取得しよう!もっとカッコ良く乗りこなそう!初心者、女性ライダー必見です。

バイク初心者のためのライダー1年生講座 > 操作イメージと走行練習

操作イメージと走行練習




女性ライダーは考えない?

昔、バイク仲間の一人が、こんなことを言っているのを耳にしました。

「女のバイク乗りって、どうすれば上手く走れるか考えないらしいよ」

周りの男性は「え! マジ!?」と驚いたり、「どうりで…」と納得したり。


近くでこの話を聞いていた私は、

「女性ライダーは考えない?」詳細はこちら

マニュアルで知識をつける

「自由で硬派なバイク乗りが、マニュアル本なんて読んでられるか!」

なんて言わずに、まぁ一度、試しに読んでみて下さい。

マニュアル本でバイクの乗り方を勉強するなんて、なんだかせこせこしてカッコ悪い…と思われるかもしれませんが、我流で下手な乗り方をしているよりは、よほどマシです。

「マニュアルで知識をつける」詳細はこちら

イメージトレーニングは効果抜群

トレーニングはトレーニングでも、まずはイメージトレーニングです。

この効果は、私が実証済み。試してみる価値はありますよ。


バイクの免許を取得したものの、一緒に走る人がいない。だけど、一人で走るのは怖い。
そんな時期が、私にもありました。


ええ、確かにバイク乗りの兄はいましたし、ツーリングに誘ってもらったこともありました。

ですが、メガスポーツ乗りが大半を占める兄の仲間たちと一緒に走りに行っても、高速道路に乗ったが最後。一瞬にして置いて行かれるのは目に見えています。

「イメージトレーニングは効果抜群」詳細はこちら

上手いライダーと一緒に走ろう

一緒に免許を取りに行った友達や、教習所で知り合った友達とツーリング行くのは、楽しいと思います。
初心者同士、腕を磨くのも良いと思います。

ですが、いつも初心者同士で走っていたのでは、一向に上手くなりません。

時にはベテランライダーと一緒に走って、テクニックを盗みましょう。

「上手いライダーと一緒に走ろう」詳細はこちら

タンデムで走ってみよう!

身近にベテラン(乗れてる)ライダーがいる人は、ただ一緒に走るだけでなく、タンデム(二人乗り)してみることをおすすめします。

タンデムと言っても、あなたが後ろに乗せてもらうわけではありません。
あなたが、相手を後ろに乗せるんです。

…もちろん、あなたが免許を取得してから1年以上経過している必要がありますが。

「タンデムで走ってみよう!」詳細はこちら

ホームコースを作っておこう

操作や走行の基本を押さえたら、次は練習です。

上手くなるためにはただボーッと走っているだけではダメで、頭と体を使ってしっかり練習しなければなりません。

そこまでして上手くなる必要あるの? 楽しければいいじゃない。

「ホームコースを作っておこう」詳細はこちら

オフロードを走ってみよう!

バイクに乗る上で大切なのが、コントロール力です。

バイクや自転車などタイヤが2つしかない乗り物は、少しでもバランスが崩れると、簡単に転倒します。

だから、バイクを安全に、上手く乗るためには、バランスを崩さないための、もしくは崩れたバランスを立て直すためのコントロール力が必要不可欠です。

「オフロードを走ってみよう!」詳細はこちら