バイクの免許を取得しよう!もっとカッコ良く乗りこなそう!初心者、女性ライダー必見です。

バイク初心者のためのライダー1年生講座 > コーナリングテクニック > 目線とライン取りは正確に

コーナリングテクニック

目線とライン取りは正確に




安定したコーナリングをするためには、ライン取りが大切です。


よく、アウト・イン・アウトという言葉を聞きますが、これは、

『コーナーのアウト(外側)から入って、コーナーの頂点でイン(内側)をかすめ、再びコーナーのアウト(外側)へ抜ける』

ライン取りのことをいいます。


次のイラストを見てみて下さい。

「理論上のライン取り」と書かれた、赤いラインがあります。
これが、アウト・イン・アウトのコーナリングライン。

基本のライン取りだといわれています。


但し、これがサーキットでも走っているというのであれば問題ないのですが、公道、つまり、そこいらにある普通のワインディングロード(峠道)となると、少し注意が必要です。


サーキットと違い、一般道には様々な問題点があります。


例えば、対向車。
あなたが、上記イラストの理論上のラインに従って走っていたとします。

もし対向車が、こちらの車線へ大きく膨みながら走ってきたとしたら……?
まず、接触事故は免れません。


では、あなたがイラストのラインとは反対側の車線を走っていたとします。

それでも、やはりインに入りすぎるのは危険です。
峠の道路際には落ち葉や砂利が多いので、スリップの危険がありますから。


また、一般道はサーキットに比べて見通しも悪いですから、インに入りすぎない方が、道路の先の状況がわかりやすいというメリットもあります。


ですから、実際のライン取りはイラストの点線のように、インに入り過ぎず、もう少しアウト寄りに走った方がいいでしょう。


競うことが目的ではないので、理論的なライン取りにこだわる必要はないですし、アウトから進入することと、目線の方向さえ誤らなければ、安全面でも問題ありません。


その目線ですが、ライン取りがどうであろうと、基本は同じです。

とにかく、コーナーの出口へ、出口へと、できるだけ遠くを見るようにします。
間違っても、足元ばかり見ないように。

もちろん、イラストのような一点集中でもいけません。

イラストでは、どの位置に来た時にどこを見るのかをポイント、ポイントで表していますが、実際には、目線はカーブの出口に沿って、なめらかに移動させていきます。


次は、コーナリング時の過重の移動についてです。

人気記事はコレ!

任意保険料はいくら必要か

では具体的に、バイクの任意保険料って、いくらくらいかかるものなの? バイクという高額な買い物をした直後のあなたは、きっと心配されていることと思いますが、自賠責保険と任意保険はバイクに乗る上での必要経費...

スムーズなシフトアップとは

発進と同時にこんなエンジン音を響かせて走り去って行くバイク、見たことありませんか? ヴォーン、ヴォヴォーン、ヴォヴォーン…… シフトアップの際、クラッチを切ると同時にアクセルを2回煽ると、こういう音に...

ルールを守ったすり抜けを

すり抜け自体は別にしてもしなくてもよいものですし、安全を最重視するのであれば、むしろしない方がよいでしょう。 私自身は、時と場合によっては、すり抜けもします。 正確には「していました」でしょうか。...


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: