バイクの免許を取得しよう!もっとカッコ良く乗りこなそう!初心者、女性ライダー必見です。

バイク初心者のためのライダー1年生講座 > コーナリングテクニック > コーナリングは減速が命!

コーナリングテクニック

コーナリングは減速が命!




今までいろいろなバイク乗りを見てきて、コーナリングの下手なライダーには2通りあることに気が付きました。

まず、コーナーの途中でちょこちょこブレーキをかける人。
そして、下りのコーナーでガクン、ガクンと、やたら前につんのめっている人。

両者共、それぞれ全く違うブレーキングをしているわけですが、どちらも減速の仕方に問題があることには、間違いなさそうです。

コーナーへ進入する際には、まずコーナーを曲がれるだけの速度まで、しっかり速度を落としておく必要があります。

ちょこちょこブレーキをかける人は、おそらく、この進入前の減速がきちんとできていないか、もしくは、減速はしたけれど「曲がりきれないかも」という不安が先に立って、思わずブレーキをかけてしまうかのどちらかでしょう。

私も、初心者の頃はこれと同じことをしていたので、気持ちはよくわかります。


対して、ガクン、ガクンとつんのめっている人は、コーナー手前で必要以上にギアを落として、エンジンブレーキがかかりすぎてしまってしまっている状態。
これは、進入前の減速こそできていますが、その減速をエンジンブレーキに頼りすぎてしまっているのだと思われます。

私自身、Uターンができなかった頃にこれと同じことをして、ガクン、ガクンと下手な曲がり方をしていたのを思い出します。


どちらにしろ、間違った減速はコーナーを走る上で大変危険なこと。
曲がっている最中のブレーキは、車体が起き上がって対向車線に出てしまう可能性が高いですし、エンブレのかかりすぎは、リヤがロックして転倒してしまうなどのリスクを伴います。

正しくは、コーナーが見えてきたら、まず直線の段階でしっかり減速する。

緩やかなカーブならアクセルを戻すだけとか、軽くブレーキをかけるだけでもいいでしょう。
カーブが少し深そうなら、しっかりめにブレーキをかけ(早めにブレーキを開始し、ゆっくり減速していくと安全です)、それに伴いシフトダウンします。

ただし、シフトダウンはエンブレをかけるためでなく、あくまでも減速した速度に合わせたギアを使うためのものだと、理解しておきましょう。

そして、コーナーに入ったらゆっくりとブレーキを緩めていき、完全にブレーキを放したら、もうコーナリングの最中は絶対にブレーキを使わないこと!


このように、コーナー途中でブレーキをかけない、そのためにあらかじめしっかりと減速しておくことが、安全なコーナリングの鉄則ですが、万が一、どうしても、コーナーの途中でブレーキをかける必要が生じた場合は、フロントではなく、リヤブレーキを軽く踏む程度にして下さい。

フロントブレーキを使うと車体が起き上がってしまうので、コーナリング中のフロントブレーキは、本当に危険ですよ。


次は、目線とライン取りについてです!

人気記事はコレ!

任意保険料はいくら必要か

では具体的に、バイクの任意保険料って、いくらくらいかかるものなの? バイクという高額な買い物をした直後のあなたは、きっと心配されていることと思いますが、自賠責保険と任意保険はバイクに乗る上での必要経費...

スムーズなシフトアップとは

発進と同時にこんなエンジン音を響かせて走り去って行くバイク、見たことありませんか? ヴォーン、ヴォヴォーン、ヴォヴォーン…… シフトアップの際、クラッチを切ると同時にアクセルを2回煽ると、こういう音に...

ルールを守ったすり抜けを

すり抜け自体は別にしてもしなくてもよいものですし、安全を最重視するのであれば、むしろしない方がよいでしょう。 私自身は、時と場合によっては、すり抜けもします。 正確には「していました」でしょうか。...


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: