バイクの免許を取得しよう!もっとカッコ良く乗りこなそう!初心者、女性ライダー必見です。

バイク初心者のためのライダー1年生講座 > 図解!二輪教習課題攻略法 > バイクと一体になる一本橋

図解!二輪教習課題攻略法

バイクと一体になる一本橋




なんだか地味〜な感じのする一本橋ですが、テクニックとしては、かなり大切です。

バイクというのは基本的にバランスで乗るものですから、一本橋はその基本を学ぶための、最も重要な課題であると言っても、言い過ぎではないかもしれません。

そしてまた、地味なわりに意外と難しいんですよね。

まず、目線に気を付けるのは他の課題と同じ。

一本橋に乗る時点で、出口を見るようにし、バイクを進めつつ、視線も先へ先へと進めます。
間違っても、目線を一点に集中させないこと。

時々足元を見て位置を確認するのは構いませんが、不安だからといって足元ばかり見ていたら、かえってフラついたり、脱輪してしまうことになります。


次に、一本橋を通過する上で目線と同じくらい大切なのが、ニーグリップ(両膝でしっかりタンクを挟み込むこと)です。

バイクと一体化するくらいのつもりで、しっかりタンクを挟み込みましょう。
同時に、上半身をしっかり固定します。

ニーグリップと上半身の固定。
これがしっかりできれば、自然と走りも安定します。


ちなみに私は、普段はニーグリップなんて意識してやりませんが、すり抜けなどでスピードを落とさなければならない時や、道路が混んでいて進みが緩やかな時には、できるだけ意識してニーグリップするようにしています。

意識してやるのとやらないのでは、安定感は全然違います。

一本橋攻略法


このように、足の方はしっかり締めますが、ハンドルは強く握りすぎないようにしましょう。

あまりにフラつく場合は、ハンドルを軽く握って、小刻みに左右に動かしながら軌道を修正します。

不思議なもので、ハンドルを真っ直ぐ固定しようと思えば思うほど、かえって大きくフラついてしまうものなんですよね。
このように小刻みに揺らすことが、かえって、真っ直ぐ前を向いてくれたりしますから、一度試してみて下さい。


一本橋から落ちそうになったら、一瞬アクセルを開けることで立て直すことができます。
スラロームで車体を起こす時にアクセルを開けるのと、同じ理論ですね。


最初から最後まで低速で渡ろうと思うと大変なので、一本橋に乗る時は、やや速めのスピードで。
橋に乗って走り安定してきたら、出口に向けて徐々にスピードを落としていくようにします。

半クラッチの状態を保てば、低速走行は意外と簡単です。


普通二輪の場合は7秒以上で通過することになっていますが、最初から規定時間で渡ろうとするのではなく、まずは「一本橋を通過する」ことだけを目的に練習します。

そして上手く通過できるようになったら、徐々にスピードを落としていきましょう。


試験の時も、安定しないと思ったら、思い切ってスピードを上げて渡りきってしまいましょう。

規定時間より早く通過してしまった場合は減点だけで済みますが、脱輪してしまったら、その場で試験中止ですから。

脱輪しそうになったら、スピードを上げて、駆け抜ける。
こんな感じで、要領よくやりましょう。


これで、教習所は無事卒業。
晴れてニ輪免許が取得できました!

次は待ちに待った、バイクの購入です。
その前に、バイクの種類について少し、勉強しておきましょうね。

人気記事はコレ!

任意保険料はいくら必要か

では具体的に、バイクの任意保険料って、いくらくらいかかるものなの? バイクという高額な買い物をした直後のあなたは、きっと心配されていることと思いますが、自賠責保険と任意保険はバイクに乗る上での必要経費...

スムーズなシフトアップとは

発進と同時にこんなエンジン音を響かせて走り去って行くバイク、見たことありませんか? ヴォーン、ヴォヴォーン、ヴォヴォーン…… シフトアップの際、クラッチを切ると同時にアクセルを2回煽ると、こういう音に...

ルールを守ったすり抜けを

すり抜け自体は別にしてもしなくてもよいものですし、安全を最重視するのであれば、むしろしない方がよいでしょう。 私自身は、時と場合によっては、すり抜けもします。 正確には「していました」でしょうか。...


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: