バイクの免許を取得しよう!もっとカッコ良く乗りこなそう!初心者、女性ライダー必見です。

バイク初心者のためのライダー1年生講座 > 図解!二輪教習課題攻略法 > 急制動はとにかく加速せよ!

図解!二輪教習課題攻略法

急制動はとにかく加速せよ!




卒検前、私の担当教官が最後まで心配していたのが、急制動でした。

実を言うと、私は一度、卒検を失敗しています。

あの秋桜以来、まったく失敗することのなかったクランクで、緊張のあまり脱輪してしまい、終了。
その時、試験官から言われました。

「クランクで失敗するとは思わんかった。急制動が危ないって(担当の教官から)聞いてたから」

そうなんです。
それほど、最後の最後、卒検ギリギリまで、急制動に振り回されていたのです。


卒検に失敗した直後の補習でクランクをおさらいした後、時間が余っていたので、急制動の練習をしました。

その時、私は初めて前輪をロックさせました。

前輪がロックすると、どうなるか?
吹っ飛びます。

バイクはあっちへ、私はこっちへ、アスファルトの上をザザザザザッ!と数メートル横滑り。


気が付くと、目の前に慌てた教官が屈み込んでいました。

私が無事であることを確認した後、

「あんな派手なコケかた見たの久しぶりや。明日ツーリングやのに、行くのが怖くなってきたわ」

と、大きな溜め息。

結構、見事なコケっぷりだったようです。


急制動が上手くいかないのは、ブレーキのかけ方が悪いせいだと思いがちですが、実はもっと前の段階で、既に問題が発生しています。

それは、加速。

急制動は、この加速がすべてだと言ってもよいかもしれません。

急制動攻略法


なかなか40kmまで上がってくれない。
まだか、まだか…。

メーターも確認しなきゃならない、急制動区間開始位置を示すパイロンも確認しなきゃならない。
あっちを見たりこっちを見たりしているので、ブレーキをかけるタイミングで失敗してしまう。

これだけでも、かなり大きな減点です。


加速が上手くいかないと、急制動開始位置で慌ててブレーキをかけることになります。
一気にブレーキをかけてしまえば、当然、前輪か後輪がロックしてしまいます。

これも、減点対象です。


ブレーキのタイミングで失敗したり、焦ってロックさせてしまうような事態を避けるためには、加速をできるだけ短時間で行います。

できれば45kmくらいまでスピードを上げておいて、急制動開始位置へは軽く流した状態で入れるようにしておきます。

そうすれば、いざブレーキ、という時に慌てることもありません。


それでも、減点で済めばまだマシです。
停止線を超えてしまった場合は試験中止ですから、これだけは何とか避けましょう。


確実に止まるためには、前輪、後輪、エンジンブレーキを上手く使います。

ブレーキ配分は「前輪8:後輪2」といわれていますが、そんな細かいことはわかりませんよね。
だから、とりあえず、両方を使うことだけを覚えておきましょう。

前輪ブレーキをやや強めにかけ、後輪ブレーキをやや弱めに踏み込みます。

この時、クラッチはつないだままにしておきます。
そうすることでエンジンブレーキも同時に利用できますし、ロックを避けることにもなります。


そして、ブレーキをかけ始めたら、意識してニーグリップ(両膝でしっかりタンクを挟み込むこと)します。
車体が安定すれば、不安を感じることなく思い切ってブレーキをかけることができます。


何度も言うようですが、とにかく、大切なのは加速です!

思い切ってアクセルを回す練習から始めて下さい。


次は、簡単なように見えて結構難しい、一本橋の攻略法です。

人気記事はコレ!

任意保険料はいくら必要か

では具体的に、バイクの任意保険料って、いくらくらいかかるものなの? バイクという高額な買い物をした直後のあなたは、きっと心配されていることと思いますが、自賠責保険と任意保険はバイクに乗る上での必要経費...

スムーズなシフトアップとは

発進と同時にこんなエンジン音を響かせて走り去って行くバイク、見たことありませんか? ヴォーン、ヴォヴォーン、ヴォヴォーン…… シフトアップの際、クラッチを切ると同時にアクセルを2回煽ると、こういう音に...

ルールを守ったすり抜けを

すり抜け自体は別にしてもしなくてもよいものですし、安全を最重視するのであれば、むしろしない方がよいでしょう。 私自身は、時と場合によっては、すり抜けもします。 正確には「していました」でしょうか。...


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: