バイクの免許を取得しよう!もっとカッコ良く乗りこなそう!初心者、女性ライダー必見です。

バイク初心者のためのライダー1年生講座 > 図解!二輪教習課題攻略法 > スラロームはアクセルが命

図解!二輪教習課題攻略法

スラロームはアクセルが命




旦那に「二輪教習で、一番難しかった課題は何?」と、聞いてみました。
返ってきた答えは、

「スラロームかな」

スラローム…?

ちょっと、意外な回答でした。
私自身は、スラロームをそれほど難しいと思った記憶がなかったので。


私が最も苦労した種目と言えば、前のページでお話したクランクと、この次のページでお話しする急制動。

スラロームはタイムのことで注意を受けたくらいで、それ以上の指導はなかったような気がします。


ところがよくよく話を聞いてみると、旦那の受けたスラローム指導は、私の受けた指導とは随分内容が違うのです。


旦那曰く、スラロームはアクセルワークをマスターするのが大変だったとのこと。

パイロンを曲がる時、アクセルを戻すと同時に車体を倒し、パイロンを過ぎる直前でアクセルを回すと同時に車体を起こす。

こんなことを何度も何度もやらされたというのです。


そんな難しいこと、やったかな?
まったく覚えていません。

で、最初は「昔は指導が厳しかったのかも(私と旦那には8歳の年齢差があります)」ということで話を片付けてしまおうとしたのですが、後からインターネットで調べてみると、ここ何ヶ月かの間に二輪教習を受けたという人の体験談にも、同じようなことが書かれているではありませんか。


ということは、つまり、教習所によって、もしくは教官によって指導方法が違う。

あるいは、下手っぴな女教習生にそんな小難しいことは無理だろうということで、私だけがそういう指導を受けなかった。

(後者の方が正解のような気がしますが……。)


というわけで、私がロクに教えてもらえなかったスラローム。

スラローム攻略法

大切なのは、ニーグリップと目線です。

ニーグリップとは、足でタンクをしっかり挟み込むこと。
これがしっかりできていれば、車体が安定するので倒しやすくなります。
目線はクランク同様、目の前にあるパイロンではなく常に二つ、三つ先のパイロンを見ます。


これも、クランクと同じように、できるだけ外側からスラロームに進入します。

そして、車体を倒すタイミングですが、パイロンの横に来てしまってからでは遅いです。
パイロンの正面あたりで倒しこむようにすれば、上手くパイロンを回って避けることができます。

難しいのは、アクセルを使うタイミングですが、パイロンとパイロンの、ちょうど中間。
そう覚えておけば、間違いないでしょう。

パイロンの中間位置まで来たと思ったら、アクセルを回す。
ダラ〜ッと回すのではなく、素早く、歯切れよく、「ブルンッ!」と回して下さい。
そうすれば、自然と車体は起きてくれるはずです。

どの動作も、初心者の場合は自分が思うよりも早め、早めを心がけた方が上手くいくようです。


それから、手の力はできるだけ抜くこと。

手に力が入りすぎてしまうと、ついつい自力でハンドルを回してしまうものです。

力を抜いて、ハンドルの動きはセルフステア(車体を倒すことによってハンドルを切ること)に任せる。
それが、スラロームを上手く通過するコツです。


スラローム走行は、後のコーナリングのテクニックにも繋がってきますから、頑張って練習して下さい。


次のページは、これも、私が苦手としていた急制動の攻略法です。

人気記事はコレ!

任意保険料はいくら必要か

では具体的に、バイクの任意保険料って、いくらくらいかかるものなの? バイクという高額な買い物をした直後のあなたは、きっと心配されていることと思いますが、自賠責保険と任意保険はバイクに乗る上での必要経費...

スムーズなシフトアップとは

発進と同時にこんなエンジン音を響かせて走り去って行くバイク、見たことありませんか? ヴォーン、ヴォヴォーン、ヴォヴォーン…… シフトアップの際、クラッチを切ると同時にアクセルを2回煽ると、こういう音に...

ルールを守ったすり抜けを

すり抜け自体は別にしてもしなくてもよいものですし、安全を最重視するのであれば、むしろしない方がよいでしょう。 私自身は、時と場合によっては、すり抜けもします。 正確には「していました」でしょうか。...


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: