バイクの免許を取得しよう!もっとカッコ良く乗りこなそう!初心者、女性ライダー必見です。

バイク初心者のためのライダー1年生講座 > 図解!二輪教習課題攻略法 > クランクは秋桜の花を狙え

図解!二輪教習課題攻略法

クランクは秋桜の花を狙え




旦那に話すと、「あんなの簡単なのに」と言われてしまうのですが、私が最もバイクの教習で最も苦労したのが、何を隠そうクランクです。

あの直角のコーナーをどうしても曲がることができず、止まってしまったり、立ちゴケしたり、脱輪したり。
それはそれは酷いモノでした。

クランクだけで、2時間は補習を受けたように記憶しています。

とにかく何度やっても上手くいかないので、一度「試しにコレでやってごらん」と、教官の乗っていた小型バイクと交換させられました。

もしかして、このまま小型免許に切り替えろと言われてしまうのでは…という不安が一瞬走りましたが、言われるままに小型バイクでやってみると、難しかったクランクも難なく通過!

なんだ、やればできるじゃん。

ということで、再び400ccのバイクに乗り換え、やってみる。


すると!!


またしても、見事に失敗してしまったんですね。

小型のバイクなら、エイヤッ!と力任せに通過することができても、重くて扱いの難しい400ccのバイクでは、そうはいかない。

基本ができていない、何よりの証拠です。


これには教官も、さすがに頭を抱えてしまいました。
どうすれば、この問題児がクランクをクリアできるのか…。


しばらくすると教官は、乗っていたバイクを下りて、コースの脇に咲いていた秋桜(コスモス)の花を摘み始めました。

(ついに現実逃避ですか…)

そう思って、無言でその様子を見ていると、教官は摘んだ花をおもむろに、クランクの最初のコーナーと二つ目のコーナーの隅、それから出口の端に置きました。

そして、

「クランクに入る時は、一つ目の秋桜。
 一つ目のコーナーを曲がる時は、二つ目の秋桜。
 二つ目のコーナーを曲がる時は、出口の秋桜を見て」

と、いうのです。

クランク攻略法


嘘みたいな本当の話ですが、その3隅に置かれた秋桜の花を見るようにしたとたん、私はクランクをいとも簡単に通過できるようになったのです。


その経験で学んだことは、クランクはとにかく、目線がすべてであるということ。

慣れないうちは、ついつい目の前にあるコーナーや足元ばかり見てしまいがちですが、ちゃんと見るべき方向を見ていれば、イヤでも正しい方向へ進むんです。


もし、どうも上手くいかないなと思ったら、意識して、ひとつ先のコーナーの隅を見るようにして下さい。
そこに秋桜の花があるのだと、想像して下さい。

たったそれだけで、難しいと思っていたクランクが簡単にクリアできるようになるはずです。


そして、車体が安定せずフラつく場合は、ニーグリップ(両膝でしっかりタンクを挟み込むこと)と半クラッチで上手にスピード調整しましょう。


それと、もう一つ。
クランクへは、真ん中ではなくできるだけ外側から進入すること。

そうすることで、内輪差によって後輪がパイロンに接触するという失敗を防ぐことができます。


では、次のページは、スラロームの攻略法です。

人気記事はコレ!

任意保険料はいくら必要か

では具体的に、バイクの任意保険料って、いくらくらいかかるものなの? バイクという高額な買い物をした直後のあなたは、きっと心配されていることと思いますが、自賠責保険と任意保険はバイクに乗る上での必要経費...

スムーズなシフトアップとは

発進と同時にこんなエンジン音を響かせて走り去って行くバイク、見たことありませんか? ヴォーン、ヴォヴォーン、ヴォヴォーン…… シフトアップの際、クラッチを切ると同時にアクセルを2回煽ると、こういう音に...

ルールを守ったすり抜けを

すり抜け自体は別にしてもしなくてもよいものですし、安全を最重視するのであれば、むしろしない方がよいでしょう。 私自身は、時と場合によっては、すり抜けもします。 正確には「していました」でしょうか。...


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: