バイクの免許を取得しよう!もっとカッコ良く乗りこなそう!初心者、女性ライダー必見です。

バイク初心者のためのライダー1年生講座 > 図解!二輪教習課題攻略法 > 最初の難関!引き起こしと取り回し

図解!二輪教習課題攻略法

最初の難関!引き起こしと取り回し




バイクの免許を取りに行った時、私は教習初日にして、

「なんで、バイクの免許を取ろうなんて思ったんだろう…」

と、ひどく後悔させられました。

技能教習で最初にすることと言えば、引き起こし(倒したバイクを起こす)、ギアチェンジ、取り回し(バイクを押して歩く)など、ごく基本的な、バイクの扱い方の練習。

男の人は「そんなこと」と笑うかもしれませんが、女性にとってはこれが一大事なんです。


ギアチェンジは、まだいいです。
なかなかニュートラルに入らないこともありますが、とりあえずギアを上げ下げすることを覚えれば、あとは自然に慣れていきます。


ですが、引き起こしと取り回しは結構、大変です。


私の場合、引き起こしは簡単にできました。
腕力の問題ではなく、教官の説明通り真似してやれば、意外と簡単に起きてくれるもの。

どうしても起こせない人は、腕の力だけで起こそうとしているから起きないのであって、バイクの下に体を潜り込ませるようにして、肩とか腰とか、体のパーツのすべてを使って、起こすんです。

そうすると、小柄な人や、非力な女性でも、意外とどうにかなるもの。

どう頑張っても起こせない、という人は、まずは小型限定免許から取得することになります。

私の知り合いにも、引き起こしができなかったがために小型限定に切り替えさせられた女性がいますが、とんでもない回り道ですよね。

そんなことにならないよう、教官の見本をしっかり見て、しっかり真似ることです。


取り回しについては、私もかなり難儀しました。

要はバランスの問題で、バイクを垂直に保つことができれば、指一本で支えることも可能なのだそうです。

ですが、その垂直に立てるという行為が、難しいんですよね。

垂直にすると、向こう側(自分と反対側)に倒れてしまいそうで怖い。
自ずと、自分の方に傾けてしまうことになる。
だから、重い。

そんな状態で八の字を延々歩き続けるわけですから、その労力たるや並ではありません。

200kg近くもの重量があるバイクを支えて歩きながら(本当は支えるものではないんですけどね)、「やめておけばよかった」と、ひたすら後悔、後悔。
本気で、泣きそうになりました。

その日、なんと、家に帰って牛乳を飲もうとしたら、手首がカクッと折れ曲がって、マグカップを持ち上げることができませんでした。
手首の感覚がなくなるほど、酷使したということです。
その上、翌日から3日間くらい、筋肉痛が治りませんでした。

そもそも、手首の感覚がなくなったり、筋肉痛になったりするという時点で、私が、間違った方法で取り回しをしていたということは明らかなんですけどね。


これから教習を受ける方(特に女性)は、ぜひ覚えておいて下さい。

取り回しの時は、倒れたっていいという気持ちで、バイクを心持ち右側(自分と反対側)に傾けるということを。

人の心理というのは不思議なもので、バイクを支えることに不安を持っている場合、自分ではバイクを垂直にしているつもりでも、実際には自分の方へ傾いてしまうものです。

だから、心持ち右側に傾けるくらいが、ちょうどいいんです。

だいたい教習車なんて倒すためにあるようなものですから(バンパーだってついていますしね)、この機会にしっかり、バイクを垂直に保つ練習をしてください。

(ただし教習所によっては、あまりにも倒し過ぎると小型限定からのスタートになってしまう場合もあるようですので、倒してもいいとは言っても、ほどほどにしておきましょう。)


私は教習の時に、バイクを垂直に保つ練習をきちんとしなかったため、今でも取り回しが苦手です。

本来は、片手をハンドル、片手をシートの上に置いて、バイクを立てて動かすのですが、私は両手でハンドルを持ち、腰でシートを支えて、動かします。

ほとんど力技です。
これでも取り回しに不自由はしていませんが、あまり、オススメできません…。

人気記事はコレ!

任意保険料はいくら必要か

では具体的に、バイクの任意保険料って、いくらくらいかかるものなの? バイクという高額な買い物をした直後のあなたは、きっと心配されていることと思いますが、自賠責保険と任意保険はバイクに乗る上での必要経費...

スムーズなシフトアップとは

発進と同時にこんなエンジン音を響かせて走り去って行くバイク、見たことありませんか? ヴォーン、ヴォヴォーン、ヴォヴォーン…… シフトアップの際、クラッチを切ると同時にアクセルを2回煽ると、こういう音に...

ルールを守ったすり抜けを

すり抜け自体は別にしてもしなくてもよいものですし、安全を最重視するのであれば、むしろしない方がよいでしょう。 私自身は、時と場合によっては、すり抜けもします。 正確には「していました」でしょうか。...


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: