バイクの免許を取得しよう!もっとカッコ良く乗りこなそう!初心者、女性ライダー必見です。

バイク初心者のためのライダー1年生講座 > バイク免許を取得しよう! > バイク教習所の選び方

バイク免許を取得しよう!

バイク教習所の選び方




二輪教習のための資金が調達できたら、次は教習所選びです。

私の場合、バイクの免許を取ろうと思ったのが学生の頃で、足は自転車のみ。
しかも、住んでいた町がかなりの田舎だったので、選択肢もないまま、一番最寄りの教習所へ通うことになりました。

だけど、その教習所へ通ったことは、結果的には正解でした。
というのも、本当に田舎の教習所だったので、教習生がものすごく少なかったんです。

私と同じ時期にバイクの免許を取りに来ていたのは、おそらく1人か2人だけ。
他の教習生と1度か2度、一緒になったことがありましたが、基本的に教官が余っているらしく、指導は常にマンツーマンでした。


教習生が少ない最大のメリットは、予約を入れやすいこと。

おかげで毎日2時間、確実に乗ることができ(卒業前で、既に学校へは通っていませんでした)、最短とはいきませんでしたが、2週間かからずに免許を取得することができました。


この、「毎日乗ることができる」というのは、教習所を選ぶ上で、とても大切な要素のひとつだと、私は思っています。


よほど教習が楽しくて仕方がないというならともかく、女性の場合、「なかなか上手くいかないし、もうイヤ」と思ってしまうことが、必ず一度はあると思うのです。

そんな時に、次の教習まで間が空いてしまったことで余計にモチベーションが下がってしまい、結局、途中で辞めてしまったという人も少なくありません。


実を言えば、私もありました。
「もう行きたくないなぁ…」と、思ったこと。

だけど、明日も予約が入っている。
予約が入っているからには、行かなければ。

毎日、そうやって自分を奮い立たせていたような気がします。


モチベーションが低下しないうちにバイクの免許を取るには、なんと言っても小マメに通うこと!
これが一番です(キャンセル待ちの時間ももったいないですしね)。


なので、教習所を選ぶ際には、もちろん人気のある教習所も良いのですが、『予約を入れやすい教習所』ということも、条件に入れておくと良いと思います。

予約を入れやすい=人気がない=あまり良くない

という心配があるのであれば、その教習所に通っていた人に話を聞いてみたり、実際に教習所を見学に行ってみるなどして、リサーチしてみてもいいでしょう。

iタウンページ
※「自動車学校」又は「自動車教習所」+「地名」で最寄の教習所を探せます。

人気記事はコレ!

任意保険料はいくら必要か

では具体的に、バイクの任意保険料って、いくらくらいかかるものなの? バイクという高額な買い物をした直後のあなたは、きっと心配されていることと思いますが、自賠責保険と任意保険はバイクに乗る上での必要経費...

スムーズなシフトアップとは

発進と同時にこんなエンジン音を響かせて走り去って行くバイク、見たことありませんか? ヴォーン、ヴォヴォーン、ヴォヴォーン…… シフトアップの際、クラッチを切ると同時にアクセルを2回煽ると、こういう音に...

ルールを守ったすり抜けを

すり抜け自体は別にしてもしなくてもよいものですし、安全を最重視するのであれば、むしろしない方がよいでしょう。 私自身は、時と場合によっては、すり抜けもします。 正確には「していました」でしょうか。...


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: