バイクの免許を取得しよう!もっとカッコ良く乗りこなそう!初心者、女性ライダー必見です。

バイク初心者のためのライダー1年生講座 > バイク免許を取得しよう! > 二輪教習までに準備するもの

バイク免許を取得しよう!

二輪教習までに準備するもの




バイク免許を取得する決意が固まったら、気持ちが変わってしまわないうちに、教習所へ申し込みに行きましょう。

その前に、あらかじめ準備しておくべきものがいくつかありますので、確認しておいて下さい。

まずは、バイクの免許取得のための教習料金です。

大体、10万円前後が平均です。
ただし教習が長引けば、その分、追加の費用も必要になってきますので、少し多めに用意しておきましょう。
15万円はあった方がいいかもしれません。

特に、女性は追加教習を受ける人が多いようなので要注意です。


次に。
何とか頑張って用意してもらいたいのが、ヘルメット。

教習所で用意されている場合も、できるだけ持参しましょう。

だって、イヤじゃないですか?
どんな人がかぶったかわからないような、汗染みたっぷりのヘルメットをかぶるのって。

私は、兄の使わなくなったヘルメットを借りて行きました(誰がかぶったかわからないようなヘルメットはイヤですが、兄のかぶっていたヘルメットなら許容範囲内でした)。

それに、借り物のヘルメットではサイズが合わない場合もあります。

私の場合、当時ロングヘアーだったので兄のヘルメットでもぴったりでしたが(髪の長さ、量によってもヘルメットのサイズは変わります)、サイズの合わないヘルメットほど、使い勝手の悪いものはありません。

大きいと前にずり落ちてきて視界を邪魔しますし、小さいと孫悟空のきんこじ(額の輪っか)みたいに頭をギリギリ締め付けてきます。
そうなると、今度は集中力が落ちてきて、教習に差し支えます。

なので、できることならば、自分の頭に合ったサイズのヘルメットを、あらかじめ用意しておいて下さい。

安いものであれば1万円程度で購入できますが、個人的にはAraiやSHOEIなど有名メーカーのものをおすすめします(“ヘルメットの性能を考える”参照)。

有名メーカーのヘルメットは安いものでも2万円以上しますが、教習のために買うのではなく、これからバイクに乗るために買うのだと思えば、それほど高い買い物ではありませんよね。


それから、グローブとブーツです。

これらも、あらかじめバイク用のものを購入しておいて損はありませんが、「まだ、そこまでは…」と思うのであれば、バイクグローブの代わりに軍手でもいいでしょう。

少し厚手の手のひらに滑り止めのついた作業用手袋なら、普通の軍手よりは安全性も高くていいかもしれません。

  注)2011年9月、訪問者の方からメールをいただき、上記を一部修正しました。
    二輪教習の際、教官から滑り止めはない方がいいとアドバイスされたそうです。
    (操作する際の、スムーズな動きを妨げるということらしいです)


ブーツもバイク用となると高いので、とりあえずはスニーカーでいいですが、できるだけ踝までしっかり覆ってくれる、ハイカットのものにしましょう。


服装は、ジーンズにジージャンか、もしくは、それに近いしっかりとした素材のもの(“バイクに乗るなら格好から”参照)。

間違っても、Tシャツ一枚で教習を受けるのはやめましょう。


たかがバイクの免許、されどバイク免許。

教習と言えども、転倒することはあります(しない人もいますが、少なくとも、私は何度かやりました)。
その時になって痛い思いをしないために、服装にはしっかり注意を払って下さいね。


そうそう、レインスーツ(カッパ)もあった方が便利ですよ。
持っていないと、教習当日になって雨が降った時、慌てます。


さて、準備ができたら、次はバイクの免許取得にかかる費用について、もう少し詳しく見ていきましょう!

人気記事はコレ!

任意保険料はいくら必要か

では具体的に、バイクの任意保険料って、いくらくらいかかるものなの? バイクという高額な買い物をした直後のあなたは、きっと心配されていることと思いますが、自賠責保険と任意保険はバイクに乗る上での必要経費...

スムーズなシフトアップとは

発進と同時にこんなエンジン音を響かせて走り去って行くバイク、見たことありませんか? ヴォーン、ヴォヴォーン、ヴォヴォーン…… シフトアップの際、クラッチを切ると同時にアクセルを2回煽ると、こういう音に...

ルールを守ったすり抜けを

すり抜け自体は別にしてもしなくてもよいものですし、安全を最重視するのであれば、むしろしない方がよいでしょう。 私自身は、時と場合によっては、すり抜けもします。 正確には「していました」でしょうか。...


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: