バイクの免許を取得しよう!もっとカッコ良く乗りこなそう!初心者、女性ライダー必見です。

バイク初心者のためのライダー1年生講座 > バイクってどこが楽しいの? > バイクは危険な乗り物なのか

バイクってどこが楽しいの?

バイクは危険な乗り物なのか




バイクに乗っていると言うと、

「バイクなんて危ない」

と、露骨に眉をひそめる人に、やたら出くわします。

テレビドラマなんかでも、バイク事故のシーンをよく見かけますよね。
というか、テレビの交通事故シーンというと9割方、加害者か被害者のどちらかがバイクにされているような気がしないでもありません(被害妄想でしょうか)。


だけど、バイクって本当に、そんなに危ない乗り物なのでしょうか?
なぜ、バイク=危険という認識が付きまとうのでしょうか?


そこで、これまで、私自身が周りから言われてきたことを振り返ってみました。
すると、バイクを危ないという人の言い分には、大まかに分けて2通りのパターンがあることに気が付いたんです。

その言い分とは、こんな感じ。


「バイクは加害者になるから、危ない」

「バイクは被害者になるから、危ない」


…もう、なんのこっちゃわかりません。


要は、歩行者や自転車と接触した場合、バイクは加害者になる。
そして、車と接触した場合には、被害者になる。

そういうことらしいです。


だけど、そんなのおかしいですよね。
普通の乗用車だって、自転車や歩行者とぶつかれば加害者だし、大型トラックなんかとぶつかれば死に至る危険があります。


実際には、バイクも車も、そんなに違わないんです。

事故は、スピードを出しすぎてしまった、カーブを曲がり損ねた、よそ見していた、居眠りしてしまった…など、何らかの理由によって起こります。


バイクだから事故るのではありません。

脇見運転をしていれば車だって事故りますし、安全運転をしていればバイクだって事故を起こさずにすむのです。


それなのに、なぜバイクだけが「危ない」と言われてしまうのか。


生身で乗っているから?
そうかもしれません。

タイヤが2つしかないから?
それも、確かにそうですね。


だけど、乗ってみればわかりますが、バイクって意外と安定しているものです。
ちょっとやそっとでは、コケたりしません。
仮にこけたとしても、きちんとした装備を身に付けていれば、大事にはなりませんしね。


確かに、バイクの事故率、死亡率が車に比べて高いのは事実ですが、要は、乗り方なんです。
きちんとした運転マナーと技術、そして身を守ってくれる装備を身につけること。
それができていないバイク乗りが多いから、バイク事故が減らない、イコールバイクは危ない、という認識が消えないのです。

とは言え、バイクを軽視しているドライバーの数と言ったら尋常ではありませんから、バイク乗りがどれだけ気を付けても、そういうドライバーが減らない限り、事故は起こり得るいうことです。
(つまり、バイクを危ないと嫌っている張本人こそが、バイク事故を誘発している場合もあるわけです)

そして、原因がどうあれ、車を相手に事故をした場合、圧倒的に不利なのはバイクに乗っている自分であるということ。
被害を最小限に食い止めるためには、できる限りの自己防衛をしなければならないということを、忘れないで下さい(“バイク用品の選び方”、“事故らないための運転術”参照)。


では、どうしてバイク乗りは、それでもバイクに乗り続けるのだと思いますか?

なぜ、危険な目に遭っても、髪がぺったんこになっても、おでこに線がついても(?)、バイクに乗る人がいるのだと思いますか?


それでもバイクに乗る理由。
次のページでじっくり、お話したいと思います。

人気記事はコレ!

任意保険料はいくら必要か

では具体的に、バイクの任意保険料って、いくらくらいかかるものなの? バイクという高額な買い物をした直後のあなたは、きっと心配されていることと思いますが、自賠責保険と任意保険はバイクに乗る上での必要経費...

スムーズなシフトアップとは

発進と同時にこんなエンジン音を響かせて走り去って行くバイク、見たことありませんか? ヴォーン、ヴォヴォーン、ヴォヴォーン…… シフトアップの際、クラッチを切ると同時にアクセルを2回煽ると、こういう音に...

ルールを守ったすり抜けを

すり抜け自体は別にしてもしなくてもよいものですし、安全を最重視するのであれば、むしろしない方がよいでしょう。 私自身は、時と場合によっては、すり抜けもします。 正確には「していました」でしょうか。...


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: