バイクの免許を取得しよう!もっとカッコ良く乗りこなそう!初心者、女性ライダー必見です。

バイク初心者のためのライダー1年生講座 > バイクってどこが楽しいの? > それでもやっぱり乗りますか?

バイクってどこが楽しいの?

それでもやっぱり乗りますか?




ここまで散々お話したように、バイクは決して、いいことばかりの乗り物ではありません。

むしろ、それほど一般的な乗り物でない分、車などに比べると大変なことが多いのです。

それでもバイクが好きで、何十年もバイクに乗り続ける人がいるのは、なぜでしょうか。
一度離れても、また再び戻って来てしまう人がいるのは、どうしてなのでしょうか。


……ごめんなさい。
こればかりは、言葉で説明できるものではないんです。

気持ちいいとか、楽しいとか言うことは簡単ですが、それだけでは表現しきれない何かが、バイクにはあるんです。


例えば、1日に300kmの距離を走ったとします。

普通、この300kmは単なる移動距離だと思われるでしょうが、バイク乗りにとっては、その300kmの先にある到着地点ではなく、300kmの距離そのものが目的なんです。

何年乗っていても、走っている最中に、突然、身震いするような快感が襲ってきたり、逆に「無」の境地に達してしまう一瞬もあります(私だけでしょうか)。


こんなこと言っても、多分、バイクの本当の面白さって、実際に乗ってみなければ理解できないでしょう。

だけど、もしもバイクの免許を取り、バイクを買い、実際にバイクに乗り始めたら、それ(バイク)が確実にあなたの人生を変えてくれるということだけは、断言できます。
もしバイクに乗らなかったら、きっと私の人生、今の半分も楽しくなかっただろうと、思うんです。


だから、もし、あなたが、

「バイクに乗ってみたいな」

と思ったら。

とりあえず、免許だけでも取ってみて下さい。
教習所のバイクに乗ってみるだけでも、その面白さを垣間見ることはできるはずです。

車の免許を持っている人なら、とりあえず原付やスクーターに乗ってみるのもいいかもしれませんね。
原付やスクーターでバイクに目覚める人って、意外と多いようですから。


だけど、当然、バイクの免許を取ると言えば、

「危ない」

と反対する人もいるでしょう。
特に女性の場合は。

私も、両親、親戚、友達と、ほとんどすべての人から反対されました。

それでも、バイクに乗りたい、免許を取りたいという気持ちは、変えられませんでした。

結果、バイクの免許を取って後悔したことは一度もありません。
周囲の反対を押し切ってでも、免許を取った価値はあったと思っています。

だけど、あの時、もし免許を取らずにいたら。
免許を取らなかったことを、きっと後になって後悔していたでしょうね。道往くバイクを見る度に…。


何事も、やらずに後悔するくらいなら、やって後悔した方がマシ。

バイクも同じです。

例えコケて怪我をすることがあったとしても、免許を取らずに後悔するくらいなら、免許を取って、乗ってみて、失敗してから後悔した方がいいと思うんです(ただし、死んでから後悔しても遅いので、いい加減な乗り方だけはしないで下さいね)。


乗ってみれば、わかるはずです。
夏の渋滞で倒れそうになっても、女の子からそっぽを向かれても、髪の毛がぺったんこになっても、おでこに線がついても(しつこい)、それでもバイクに乗り続ける理由。

バイクに乗って、大袈裟でなく「人生が変わった」と思える経験を、少しでも多くの人と共有できたら、私は嬉しいです。


……ちなみに。

男性バイク乗りは特別モテることはないでしょうけど、女性ライダーは引く手数多ですよ。

男性ライダーは、女性ライダーとの出会いを求めています。
が、女性ライダーの数は、男性に比べて圧倒的に少ないですからね。

人気記事はコレ!

任意保険料はいくら必要か

では具体的に、バイクの任意保険料って、いくらくらいかかるものなの? バイクという高額な買い物をした直後のあなたは、きっと心配されていることと思いますが、自賠責保険と任意保険はバイクに乗る上での必要経費...

スムーズなシフトアップとは

発進と同時にこんなエンジン音を響かせて走り去って行くバイク、見たことありませんか? ヴォーン、ヴォヴォーン、ヴォヴォーン…… シフトアップの際、クラッチを切ると同時にアクセルを2回煽ると、こういう音に...

ルールを守ったすり抜けを

すり抜け自体は別にしてもしなくてもよいものですし、安全を最重視するのであれば、むしろしない方がよいでしょう。 私自身は、時と場合によっては、すり抜けもします。 正確には「していました」でしょうか。...


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: