バイクの免許を取得しよう!もっとカッコ良く乗りこなそう!初心者、女性ライダー必見です。

バイク初心者のためのライダー1年生講座 > ルールを守って安全運転を > 譲り合い精神を忘れずに

ルールを守って安全運転を

譲り合い精神を忘れずに




バイクに乗っていると、「道を譲られる」シチュエーションに遭遇することが、結構多いものです。

特に多いのは、峠道。車通りがさほど多くない、中高速コーナー(比較的緩やかなカーブ)が続く快走路辺りでしょうか。


ある程度バイクに乗れるようになると、中高速のコーナリングがどんどん楽しくなってきます。
そして、自分の前をのんびり走っているファミリーカーを、煩わしく感じるようになってきます。

とは言え、コーナーリングの多い峠道で追い越しをかけるのは危険。絶対にいけません。


しかし、中には親切なドライバーがいて、路肩に寄って道を譲ってくれる場合があります。
そういう時はお言葉に甘え、遠慮なく先へ行かせてもらいます。


大事なのは、この後。


道を譲られたドライバーが、手を上げたり、頭を下げるなどして、感謝の気持ちを示している姿を見たことありませんか?

バイクで道を譲られた時も同じです。
ちょっと振り返って、軽く頭を下げる。もしくは、軽く手を上げる。

振り返ると言っても、相手の車をグルンと180度振り返って見るのは危ないので、ちょっと顔を横に向けるだけで構いません。
横を向いて、ちょっと頭を下げるだけでも、相手はちゃんと気付いてくれます。


道を譲られてもお礼をしないドライバーに対し、多くの人は不快感を持ちますが、これが車でなく、 バイクだったら…?
「これだからバイク乗りは…!」というバイク乗り全般に対する悪感情まで抱かれかねません。


もちろん、道を譲ってくれたドライバーにしても、何も親切心から譲ったのではなく、「後ろに鬱陶しいバイクがいるな。先に行かせよう」というネガティブな感情から道を譲ってくれた可能性もありますが、そんな場合でも、道を譲ったバイク乗りから「ありがとう」の気持ちを示されれば、まぁ、悪い気はしないはずです。


そして、逆もまた然り。

ずっと昔、初心者の女性ライダーと2人で、どこやらのスカイラインを走っていた時のこと。
すぐ後ろをぴったりついてくる、1台のスポーツカー。

もしかして、煽られている……?

私自身もスポーツカーと勝負するほどの腕はないですし、ましてや連れの初心者ライダーは、後ろに車がついていることすら気付いていないほど、必死の様子。

すぐに、直線路で左へ寄って道を空けると、スポーツカーはプッ!とお礼のクラクションを一発残し、瞬く間に消えてしまいました。

(下手なバイクがいるな、鬱陶しい。お、道を空けたぞ。意外と気がきくな、ありがとよ!)
(後ろに怖い車がいる、先に行かせよう。ん? お礼していくなんて、意外と礼儀正しいわ)

と、これだけの行動で、いとも簡単に人の心は変わるのだ。


で、ここからはもっと大事。

コーナーリングのテクニックに自信のない初心者さんは、間違っても道を譲ってもらうことのないように。
譲ってくれた車が後ろを走っていると思うと、気が焦り、心が乱れて、運転に支障をきたします。

そのためには、前方のドライバーとの間に、十分な車間距離を取ること。
初心者ライダーはついつい車間距離を縮めがちですが、そうすると、前のドライバーも「煽られている」と勘違いして、気分を害したり、道を譲られることになってしまいますから。


また、道を譲って欲しいと思っても、決して前の車を煽ったりしないように。
あくまでも、「譲ってくれたらラッキー」程度に思っておいて下さい。

人気記事はコレ!

任意保険料はいくら必要か

では具体的に、バイクの任意保険料って、いくらくらいかかるものなの? バイクという高額な買い物をした直後のあなたは、きっと心配されていることと思いますが、自賠責保険と任意保険はバイクに乗る上での必要経費...

スムーズなシフトアップとは

発進と同時にこんなエンジン音を響かせて走り去って行くバイク、見たことありませんか? ヴォーン、ヴォヴォーン、ヴォヴォーン…… シフトアップの際、クラッチを切ると同時にアクセルを2回煽ると、こういう音に...

ルールを守ったすり抜けを

すり抜け自体は別にしてもしなくてもよいものですし、安全を最重視するのであれば、むしろしない方がよいでしょう。 私自身は、時と場合によっては、すり抜けもします。 正確には「していました」でしょうか。...


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: