バイクの免許を取得しよう!もっとカッコ良く乗りこなそう!初心者、女性ライダー必見です。

バイク初心者のためのライダー1年生講座 > ルールを守って安全運転を > ルールを守ったすり抜けを

ルールを守って安全運転を

ルールを守ったすり抜けを




すり抜け自体は別にしてもしなくてもよいものですし、安全を最重視するのであれば、むしろしない方がよいでしょう。

私自身は、時と場合によっては、すり抜けもします。
正確には「していました」でしょうか。

すり抜けはバイクの特権、できる状況であればしても良い……と、以前は思っていましたが、年齢と共に考えも変わるもので、ここ5〜6年はバイクに乗っても、すり抜けの「す」の字もありません。

すり抜けをしなければ、すり抜けによって生じる可能性のある事故は少なくとも防げると思うからです。


とは言え、私がすり抜けをしなくなったからと言って、世の中のすべてのバイク乗りがすり抜けをしないわけではありません。

どうしてもすり抜けをしたい、という方は、どうか覚えておいて下さい。
技術的なことももちろんですが、それ以上に交通ルールと交通マナーを守ったすり抜けをするということ。


まず根本的に、

「すり抜けって違法じゃないの?」

という疑問を持っている人も多いと思います。

もちろん、違反ではありません。
…と言いたいところですが、グレーゾーンというのが正解でしょう。


というのも、道路交通法にはすり抜け行為そのものを禁止する条文はないものの、以下の条文を見てみて下さい。

(追越しの方法) 第18条
第28条 車両は、他の車両を追い越そうとするときは、その追い越されようとする車両(以下この節において「前車」という。)の右側を通行しなければならない。
2 車両は、他の車両を追い越そうとする場合において、前車が第25条第2項又は第34条第2項若しくは第4項の規定により道路の中央又は右側端に寄つて通行しているときは、前項の規定にかかわらず、その左側を通行しなければならない。

注)第25条第2項、第34条第2項、第4項の規定についてはページ下部参照。<-1>

すり抜けは、この追い越し行為と同等に見なされることが多く、すり抜けの仕方によっては違反になってしまうのです。


ここで書かれていることを要約すると、

1.走行中の追い越しは、右側からしなければならない。
2.他の車両が右折のために道路中央や右端に寄っている時の追い越しは、左側からしなければならない。

ということになります。

つまり、交差点で信号待ちや右折待ちしている車を右側から追い越したり、走行中の車の左側をすり抜けていく行為は違法ということになります。
渋滞中のすり抜けも(なんとなく黙認されていますが)、実は違法というわけです。

…というか、ゆっくりであっても車が流れている時のすり抜けは、問題外ですよね。そもそも。


その他、よく見かけるのが、2車線以上ある道路の車線と車線の間をすり抜けていくバイク。
センターラインの上を走る行為が許されるはずは当然なく、この場合は、2車線間を進路変更しながら走る…つまり追い越ししながら走るのが無難でしょう。

また、渋滞中の高速道路で路側帯を走っているバイクも時々見かけますが、路側帯の走行は完全に違反ですので、絶対にやめましょう。


このように、バイクのすり抜け行為は追い越しと密接な関係にあるわけですが、そもそも追い越しとはどのような行為を言うのでしょうか?

次のページでは、追い越しという行為について、もう少し掘り下げていきたいと思います。



第二十五条  
2  車両(軽車両及びトロリーバスを除く。)は、道路外に出るため右折するときは、あらかじめその前からできる限り道路の中央(当該道路が一方通行となつているときは、当該道路の右側端)に寄り、かつ、徐行しなければならない。

第三十四条  
2  自動車、原動機付自転車又はトロリーバスは、右折するときは、あらかじめその前からできる限り道路の中央に寄り、かつ、交差点の中心の直近の内側(道路標識等により通行すべき部分が指定されているときは、その指定された部分)を徐行しなければならない。
4  自動車、原動機付自転車又はトロリーバスは、一方通行となつている道路において右折するときは、第二項の規定にかかわらず、あらかじめその前からできる限り道路の右側端に寄り、かつ、交差点の中心の内側(道路標識等により通行すべき部分が指定されているときは、その指定された部分)を徐行しなければならない。

人気記事はコレ!

任意保険料はいくら必要か

では具体的に、バイクの任意保険料って、いくらくらいかかるものなの? バイクという高額な買い物をした直後のあなたは、きっと心配されていることと思いますが、自賠責保険と任意保険はバイクに乗る上での必要経費...

スムーズなシフトアップとは

発進と同時にこんなエンジン音を響かせて走り去って行くバイク、見たことありませんか? ヴォーン、ヴォヴォーン、ヴォヴォーン…… シフトアップの際、クラッチを切ると同時にアクセルを2回煽ると、こういう音に...

ルールを守ったすり抜けを

すり抜け自体は別にしてもしなくてもよいものですし、安全を最重視するのであれば、むしろしない方がよいでしょう。 私自身は、時と場合によっては、すり抜けもします。 正確には「していました」でしょうか。...


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: