バイクの免許を取得しよう!もっとカッコ良く乗りこなそう!初心者、女性ライダー必見です。

バイク初心者のためのライダー1年生講座 > ロングツーリングに行こう > フェリーで海を渡ってみよう

ロングツーリングに行こう

フェリーで海を渡ってみよう




遠出する時にぜひ利用してもらいたいのが、フェリーです。

フェリーは身体を休ませることができるだけでなく、旅心を思い切り刺激してくれるのがいいですよね。


私は、ちょうど日本の真ん中あたりに住んでいることもあって、長距離フェリー(片道300km以上の航路を渡るフェリー)は利用したことがありません。

ですが、四国に住んでいた頃は、本州と四国を行き来するのに神戸(三宮)⇔高松間のジャンボフェリーをちょくちょく利用していました。

その他にも、明石⇔岩屋間のたこフェリー(!)は淡路島経由で福井へ帰る時には必ず利用していましたし、和歌山⇔徳島間の南海フェリーにも一度乗りました。

あとは、岡山県の宇野⇔高松間の宇高国道フェリー、愛媛の八幡浜⇔別府間の宇和島運輸フェリー、大阪⇔新居浜間のオレンジフェリーと、中短距離フェリーはちょくちょく利用しています。


運行に4時間以上かかるフェリーになると、仮眠もしっかりとれますし、それなりに旅気分を楽しめます。


船室は、雑魚寝の2等旅客室でも十分です。
他のツーリングライダーと交流したいという人には、むしろその方が楽しいかもしれません。

場所取りは大変ですが、車よりもバイクの方が先に乗船できるので、急げばそれなりによい場所を確保できます。


ただし、女性ひとり旅の場合は注意が必要です。
必要以上になれなれしく近付いてくる男性ライダーも、中にはいますから。

私も、ジャンボフェリーの待合室でやたらしつこくつきまとわれて以来、女性専用ルームを利用するようになりました。

2等旅客室よりも静かなので、ゆっくり休めます。


旅人同士で交流したい人は2等客室を、静かに休みたい人は専用ルームや2等寝台、プライバシーをしっかり守りたい人は1等客室(個室)と、長距離の場合は特に、ストレスのないよう部屋を使い分けましょう。

人気記事はコレ!

任意保険料はいくら必要か

では具体的に、バイクの任意保険料って、いくらくらいかかるものなの? バイクという高額な買い物をした直後のあなたは、きっと心配されていることと思いますが、自賠責保険と任意保険はバイクに乗る上での必要経費...

スムーズなシフトアップとは

発進と同時にこんなエンジン音を響かせて走り去って行くバイク、見たことありませんか? ヴォーン、ヴォヴォーン、ヴォヴォーン…… シフトアップの際、クラッチを切ると同時にアクセルを2回煽ると、こういう音に...

ルールを守ったすり抜けを

すり抜け自体は別にしてもしなくてもよいものですし、安全を最重視するのであれば、むしろしない方がよいでしょう。 私自身は、時と場合によっては、すり抜けもします。 正確には「していました」でしょうか。...


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: