バイクの免許を取得しよう!もっとカッコ良く乗りこなそう!初心者、女性ライダー必見です。

バイク初心者のためのライダー1年生講座 > マスツーリングに行こう! > マスツーリングの魅力とは?

マスツーリングに行こう!

マスツーリングの魅力とは?




『マス(mass)=集まり』

の意味で、ひとりで走るソロ・ツーリングに対し、大人数でまとまって走ることをマス・ツーリングといいます。

ひとりでツーリングへ出かけることの不安な初心者にとって、仲間と一緒に走ることは頼もしい反面、他のベテランライダーのペースに合わせることがつらかったり、逆に自分のペースに合わせてもらって気を遣ってしまったりと、結構気苦労の多い面もあるものです。

私もソロで走ったのと同じくらい、マス・ツーリングも経験しました。

どちらが楽しかったかと言えば…どちらとも言えません。
ソロにはソロの、マスにはマスの楽しさがありますから。


自分の行きたい所へ自由に行けて、好きな時に休憩して、帰りたくなったら帰る。

そんな気ままなソロ・ツーリングもいいし、

みんなで走って、みんなで休む。気心の知れた仲間と、同じ楽しみを共有できる。

そんなマス・ツーリングも、捨てたものではありません。


個人的には、現地集合型のマス・ツーリングが一番好きです。

ソロとマスの両方を満喫できる、とても贅沢なツーリングだと思います。


まず目的があって(信州でビーナスラインを走るとか、浜名湖でうなぎを食べるとか)、そのための集合場所を決めます。

集合場所は、目的地の最寄のIC付近ということが多いです。


その集合場所までは一人で走り、集合場所からはみんなでまとまって走る。


さらにビーナスラインなどのワインディングスポットでは、それぞれが自分のペースで走る。


帰りは、みんながそれぞれに帰りたい時に帰る。


そんなツーリングが、私の理想です。


とは言え、人数が増えれば、もちろんルールも必要です。
役割分担も必要です。


初心者が極力負担を感じずにマス・ツーリングを楽しむためにはどうしたらよいか?

初心者とベテランが、どのようにすれば同じクラブ内で上手く共生していけるのか?


そんな、マス・ツーリングでのルールとマナーについては、今後また改めてお話しするとして、まずはツーリングクラブの探し方と選び方について、少しお話したいと思います。

人気記事はコレ!

任意保険料はいくら必要か

では具体的に、バイクの任意保険料って、いくらくらいかかるものなの? バイクという高額な買い物をした直後のあなたは、きっと心配されていることと思いますが、自賠責保険と任意保険はバイクに乗る上での必要経費...

スムーズなシフトアップとは

発進と同時にこんなエンジン音を響かせて走り去って行くバイク、見たことありませんか? ヴォーン、ヴォヴォーン、ヴォヴォーン…… シフトアップの際、クラッチを切ると同時にアクセルを2回煽ると、こういう音に...

ルールを守ったすり抜けを

すり抜け自体は別にしてもしなくてもよいものですし、安全を最重視するのであれば、むしろしない方がよいでしょう。 私自身は、時と場合によっては、すり抜けもします。 正確には「していました」でしょうか。...


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: