バイクの免許を取得しよう!もっとカッコ良く乗りこなそう!初心者、女性ライダー必見です。

バイク初心者のためのライダー1年生講座 > 道路上でのマナーと特権 > ルールを守ったすり抜けを

道路上でのマナーと特権

ルールを守ったすり抜けを

すり抜け自体は別にしてもしなくてもよいものですし、安全を最重視するのであれば、しない方がよいのかもしれません。

私自身は、時と場合によってはすり抜けもします。

すり抜けができる…つまり渋滞に強いというのも、バイクに乗りの特権の一つだと考えているからです(この特権がなかったら、バイクの魅力2割減だとすら思っています)。

ただし、バイクでのすり抜けにはいろいろと注意が必要です。

技術的なことももちろんですが、それ以上に大切なのは交通ルールと交通マナーを守ったすり抜けをするということ。


ドライバーの中には、「意地でもすり抜けさせない」というほど、バイクのすり抜け行為を忌み嫌っている人もいます。

そもそも、なぜすり抜け行為はそんなに嫌われなければならないのでしょうか?


おそらく、交通ルールを無視した危険なすり抜けをするバイク乗りが結構いて、そんな輩がドライバーの心証を悪くしているのでしょう。

バイクに限らず車だって、マナーの悪い運転をすれば嫌われますが、バイクの場合はそこに輪をかけて、危ないだとかうるさいだとかで嫌われやすい乗り物ですから、まずは交通ルールをしっかり把握して、知らず知らずのうちにルール違反をしていた、なんてことのないようにしておきましょう。


まず根本的に、

「すり抜けって違法じゃないの?」

という疑問を持っている人も多いと思います。

答えは、合法…と言いたいところですが、グレーゾーンというのが正解でしょう。


というのも、道路交通法にはすり抜け行為そのものを禁止する条文はありません。
ただし、以下の条文を見てみて下さい。

(追越しの方法) 第18条
第28条 車両は、他の車両を追い越そうとするときは、その追い越されようとする車両(以下この節において「前車」という。)の右側を通行しなければならない。
2 車両は、他の車両を追い越そうとする場合において、前車が第25条第2項又は第34条第2項若しくは第4項の規定により道路の中央又は右側端に寄つて通行しているときは、前項の規定にかかわらず、その左側を通行しなければならない。

すり抜けは、この追い越し行為と同等に見なされることが多く、すり抜けの仕方によっては違反とみなされてしまうのです。

ここで書かれていることを要約すると、

1.走行中の追い越しは右側からしなければならない。
2.他の車両が道路の中央、又は右側に寄って通行している場合の追い越しは、左側からしなければならない。

ということになります。

つまり、最も一般的な交差点でのすり抜けは合法ですが、交差点での右側からの追い越しや、走行中の車の左側をすり抜けていく行為は違法ということになります。
これもよく見られる行為ですが、渋滞中の左側からのすり抜けも違法にあたります。


その他、よく見かけるのが、2車線以上ある道路の車線と車線の間をすり抜けていくバイク。
センターラインの上を走る行為が許されるはずは当然なく、この場合は、2車線間を進路変更しながら走る…つまり追い越ししながら走るのが無難でしょう。

渋滞中の高速道路でも同様で、路側帯をすり抜けていくバイク(初心者が多いです)も時々見かけますが、路側帯の走行は間違いなく捕獲対象となりますので、絶対にやめましょう。


このように、バイクのすり抜け行為は追い越しと密接な関係にあるわけですが、そもそも追い越しとはどのような行為を言うのでしょうか?

次のページでは、追い越しという行為について、もう少し掘り下げていきたいと思います。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: