バイクの免許を取得しよう!もっとカッコ良く乗りこなそう!初心者、女性ライダー必見です。

バイク初心者のためのライダー1年生講座 > ツーリングの基本装備は? > タンクバックの機能性と問題点

ツーリングの基本装備は?

タンクバックの機能性と問題点




では、ツーリングにはどのようなバッグを使ったらよいのでしょうか?
使い勝手は本当に大切ですので、よく考えて選びましょう。

基本的には、日帰り程度であればタンクバッグかヒップバッグ(ウエストバッグ)のどちらかでいいと思います。

私が最初に使っていたのは、タンクバッグでした。
兄が使わなくなって放置してあったのを拝借したものです。

タンクバッグ、かなり便利ですよ。

バッグの両側にマグネット付きの羽がついていて、そのマグネットでバッグをタンクに固定するのですが、トップがクリアーポケットになっているものであれば、高速道路を使う際に通行券やハイウェイカードをしまっておけば料金所でもたつきませんし、地図を開いたまま入れておけば、赤信号で止まった時にサッと道を確認することもできます。

コインポケット(小銭入れ)やマップポケット(地図を開いたまま入れておけるクリアーポケット)がついていたり、ファスナーを開け閉めすることによって容量を調節することも可能です。

専用のレインカバーもついているので雨が降っても困りませんし、使い勝手では断然、タンクバッグが上でしょう。


ただし、私がタンクバッグを使っていたのはごく短い間だけ。
その後はずっとヒップバッグを使っています。


理由としては、

・給油の際、いちいち外すのが面倒くさい。
・バイクから降りて歩く際、ぶら下げて歩くのがイヤ。
・時々、飛んで行きそうになる。

などが挙げられます。


『給油の時に外すのが面倒くさい』

これは、単に私が面倒くさがりなだけです。
だってマグネットですから、ただよいしょと持ち上げるだけでいいんです。
たいしたデメリットではなりませんね。


『タンクバッグをぶら下げて歩くのがイヤ』

タンクバッグには普通、持ち手がついています。
その持ち手を持ってぶら下げて歩くか、もしくは付属のショルダーベルトを肩にかけて歩きます。中には、リュックになるものもあります。

だけど、どうやって持ち歩いても、なんとなく格好悪いです。
バイクと一体化させて使うものですから、そもそも持ち歩くようなデザインに出来ていないんですよね。


『飛んでいきそうになる』

これが一番の理由かもしれません。

高速道路を走っている時、高速コーナー(緩やかなカーブ)を攻めている時、タンクバックがフワリと浮いて自分の方へ向かってくるんです。
そのたびに、前傾になってお腹で押さえるのに必死でした。

タンクバッグの名誉のために付け加えておくと、タンクバッグが飛ぶなんて、そうしょっちゅうあることではありません。
バイクとの相性が悪かったのか、タンクバックそのものがよくなかったのか、おそらく何らかの理由があったのでしょう。

それに、普通に走っている分には飛ぶこともありません。
高速道路だけ気を付ければ、大丈夫だと思います。


では、次のページでは私のこだわり(?)ヒップバックをご紹介します。

人気記事はコレ!

任意保険料はいくら必要か

では具体的に、バイクの任意保険料って、いくらくらいかかるものなの? バイクという高額な買い物をした直後のあなたは、きっと心配されていることと思いますが、自賠責保険と任意保険はバイクに乗る上での必要経費...

スムーズなシフトアップとは

発進と同時にこんなエンジン音を響かせて走り去って行くバイク、見たことありませんか? ヴォーン、ヴォヴォーン、ヴォヴォーン…… シフトアップの際、クラッチを切ると同時にアクセルを2回煽ると、こういう音に...

ルールを守ったすり抜けを

すり抜け自体は別にしてもしなくてもよいものですし、安全を最重視するのであれば、むしろしない方がよいでしょう。 私自身は、時と場合によっては、すり抜けもします。 正確には「していました」でしょうか。...


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: