バイクの免許を取得しよう!もっとカッコ良く乗りこなそう!初心者、女性ライダー必見です。

バイク初心者のためのライダー1年生講座 > ソロツーリングに行こう! > 日帰りツーリングの楽しみ方

ソロツーリングに行こう!

日帰りツーリングの楽しみ方




男性ライダーの中に一人か二人女性ライダーが混じっている姿はよく見かけますが、ソロツーリングをしている女性ライダーは、あまり見かけません。

まったくいない、というわけではないのでしょう。
だけど、姿を見かけないということは、やはりそれだけソロで走る女性が少ないのだと思います。

私はみんなで走るマスツーリングも好きですが、ソロツーリングも大好きです。
ソロツーリングには、マスツーリングにはない気楽さと面白さがありますから。

むしろ、バイクに乗っていてソロツーリングしないなんてもったいない!

そこで今から、私なりの日帰りツーリングの楽しみ方をお教えします。


私の旦那は、目的地を決めずにフラリと走りに行くタイプです。
バイク乗りにはそういう気ままな旅を好む人も結構多いのですが、私の場合は、あらかじめ行き先を決めておきます。


時には、急に思い立って走りに行くこともありますが、そんな時は大抵、出発がお昼前頃になってしまいますので、そう遠くへは行けません。


だから、ちょっと遠出をしたい時には、前の日からじっくり計画を練ります。
この計画を練る所から既に、私の中ではツーリングが始まっているんです。

地図を見て、

「どのルートで行こうかな」
「ここの道の駅で休憩できそうだな」
「この道、ちょっと楽しいかも」

と、考える時間。
これが、楽しいんです。


当日の朝。

行き先によっても違いますが、全行程で走行距離が400kmを超えると思われる場合、朝6時から7時の間には家を出ます。
これくらい時間に余裕があれば、休憩を入れながらゆっくりとツーリングを楽しむことができますし、多少道に迷っても、夜までには帰って来られます。

家を出たら、目的地に向かって出発します。


楽しいのはここからです。


あらかじめルートを決めると言いましたが、予定はあくまでも予定。
楽しそうな林道を見つけて入ってみたり、道に迷ってしまったり、途中で気が変わって行き先を変えてみたり。
最初の予定通りに目的地に辿り着いたことは、私の場合、数えるほどしかありません。

結果的には、目的地を決めずに行くツーリングと同じということです。

だけど、それでいいんです。
そんな風まかせの旅が、ソロツーリングの醍醐味ですから。


最後に、どこかで日帰り温泉につかって帰ります。
長距離を走った後でお湯につかる爽快感は、たまりませんよ。
一度経験したら、病み付きになること請け合いです。

人気記事はコレ!

任意保険料はいくら必要か

では具体的に、バイクの任意保険料って、いくらくらいかかるものなの? バイクという高額な買い物をした直後のあなたは、きっと心配されていることと思いますが、自賠責保険と任意保険はバイクに乗る上での必要経費...

スムーズなシフトアップとは

発進と同時にこんなエンジン音を響かせて走り去って行くバイク、見たことありませんか? ヴォーン、ヴォヴォーン、ヴォヴォーン…… シフトアップの際、クラッチを切ると同時にアクセルを2回煽ると、こういう音に...

ルールを守ったすり抜けを

すり抜け自体は別にしてもしなくてもよいものですし、安全を最重視するのであれば、むしろしない方がよいでしょう。 私自身は、時と場合によっては、すり抜けもします。 正確には「していました」でしょうか。...


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: