バイクの免許を取得しよう!もっとカッコ良く乗りこなそう!初心者、女性ライダー必見です。

バイク初心者のためのライダー1年生講座 > レインウェアの必要性 > レインスーツは必需品

レインウェアの必要性

レインスーツは必需品




バイクの免許を取って、バイクを買って、さあ、ツーリングに出かけよう!

と思った時、ヘルメットその他の装備類と共に、真っ先に準備しなければならないものがあります。


それは、レインスーツ。


どんな近場の日帰りツーリングでも、レインスーツは絶対に必要です。

天気予報が外れることもありますし、自分の自宅周辺が晴れていても、隣の市町村は雨、ということだって、決して珍しくはありません。

だから、ジャケットやグローブを買いに行くついでがあれば、レインスーツも必ず一緒に準備するようにしましょう。

レインスーツを持たずに出たツーリング途中で雨が降ってきた時ほど、ブルーで不安な気持ちになることはありませんからね。


具体的に、どういうレインスーツを選べばよいのか、ということについてですが、バイク用として売られているレインスーツなら、どれもそれなりの機能は整っていますし、そう大差ないと思います。


例えば、風によるバタつき防止とか、袖口の雨風進入防止のためのアジャスター。

ブーツを履いたままでも脱ぎ履きしやすいよう、パンツ裾部分はファスナーやベルクロで開閉できるようになっています。

へたりやすいヒップの部分は、シームレスが基本ですね。


最近は、パンツの裾がずり上がらないように、タブのついたものもあるようです(昔からあったのに、私が知らなかっただけかもしれませんが)。
便利ですよねぇ。
パンツの裾についたタブをシューズの紐に引っ掛けて使うようです。


逆に言えば、雨の中をバイクに乗るためには、これだけの機能が必要なわけです。

ただ歩いているのとバイクに乗っているのとでは、雨風の吹き込み方が全然違いますし、自転車とバイクでも、スピードに差がありすぎて比べ物になりません。


そう考えると、バイクに乗る時はやっぱりバイク用のレインスーツが必要ですね。
他のもので代用しようとは考えない方が無難でしょう。


それから、もうひとつ。

雨が降ると視界が悪くなるので、安全のため、できれば反射材のついたものか、明るい色のものを選んだ方がいいですね。

レインスーツ

人気記事はコレ!

任意保険料はいくら必要か

では具体的に、バイクの任意保険料って、いくらくらいかかるものなの? バイクという高額な買い物をした直後のあなたは、きっと心配されていることと思いますが、自賠責保険と任意保険はバイクに乗る上での必要経費...

スムーズなシフトアップとは

発進と同時にこんなエンジン音を響かせて走り去って行くバイク、見たことありませんか? ヴォーン、ヴォヴォーン、ヴォヴォーン…… シフトアップの際、クラッチを切ると同時にアクセルを2回煽ると、こういう音に...

ルールを守ったすり抜けを

すり抜け自体は別にしてもしなくてもよいものですし、安全を最重視するのであれば、むしろしない方がよいでしょう。 私自身は、時と場合によっては、すり抜けもします。 正確には「していました」でしょうか。...


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: