バイクの免許を取得しよう!もっとカッコ良く乗りこなそう!初心者、女性ライダー必見です。

バイク初心者のためのライダー1年生講座 > バイク用品の選び方 > 正しいグローブの選び方

バイク用品の選び方

正しいグローブの選び方




ジャケットでも、ヘルメットでも、ブーツでも同じですが、ライディング用の装備は、バイクの車種によって選び分ける必要があります。

レーシング用の革ツナギ。
バイザーの付いたオフロード用ヘルメット。

この辺はなんとなくわかりますが、グローブの種類って、ちょっとわかりにくくありませんか?

初心者にありがちな失敗が、バイクや他の装備が普通のロード用なのに、グローブだけ知らずにオフロード(モトクロス)用を身につけてしまうというもの。

自分では知らずにしていることでも、ベテランライダーから見ると一目瞭然。
やっぱり、ちょっとカッコ悪いですよね。


言葉で説明するのは難しいのですが、オフロード(モトクロス)用のグローブはオンロード用のものに比べて伸縮性に優れているようです。
フィット感や操作性も良く、見た目も華やか(?)なものが多いので、つい初心者が手を出してしまうんでしょうね。

モトクロス用グローブ

では、どんなグローブを着けたら良いのかと言うと、これも個人の好みの範疇で選ぶしかありません。


例えば、ウチの旦那が長年使っているグローブ。

JRPというメーカーのロングセラー商品で、本人曰くデザイン、着け心地共に最高なのだそうです。
もう他のものをつける気になれず、破れては同じものを買い直し、また破れては買い直しと、もう何年も何年も使い続けているのだとか。

だからと言って、じゃあこのJRPのグローブを買えば良いのかと言うと、一概にそうとも言えず、女性の場合は男性に比べて握力が弱いため、頑丈すぎるグローブではレバー操作に難が出てくる可能性もあります。

かく言う私も、どちらかと言うと、ショート丈でプロテクターの一切入っていない、薄手のグローブが好きです。

プロテクターの入ったグローブに比べて安全面では劣りますが、これくらい軽い着け心地のものの方が、操作はしやすいです。
(それにしても、最近は女性らしいデザインのバイク用品が充実してますね!)


そんな感じで、いろいろなグローブを試着してみて、自分に合っていると思われるグローブを購入すると良いでしょう。


強いて言えば、素材はやっぱり本革が良いでしょう。
合皮とは、丈夫さが全然違います。


それから、夏場になると、指先のないハーフタイプのグローブをしている人をよく見かけますが、指先を露出したままバイクに乗るなんて、グローブをしていないも同然です。

ヘルメットしかり、グローブしかり、軽装がカッコイイと思っている(らしい)バイカーの多い現代ですが、それで事故った時のことを想像してみて下さい。

大切な指を失いたくなかったら、きっちり指先まで覆われたグローブをつけること。
これだけは、しっかり約束して下さい。

人気記事はコレ!

任意保険料はいくら必要か

では具体的に、バイクの任意保険料って、いくらくらいかかるものなの? バイクという高額な買い物をした直後のあなたは、きっと心配されていることと思いますが、自賠責保険と任意保険はバイクに乗る上での必要経費...

スムーズなシフトアップとは

発進と同時にこんなエンジン音を響かせて走り去って行くバイク、見たことありませんか? ヴォーン、ヴォヴォーン、ヴォヴォーン…… シフトアップの際、クラッチを切ると同時にアクセルを2回煽ると、こういう音に...

ルールを守ったすり抜けを

すり抜け自体は別にしてもしなくてもよいものですし、安全を最重視するのであれば、むしろしない方がよいでしょう。 私自身は、時と場合によっては、すり抜けもします。 正確には「していました」でしょうか。...


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: