バイクの免許を取得しよう!もっとカッコ良く乗りこなそう!初心者、女性ライダー必見です。

バイク初心者のためのライダー1年生講座 > バイク用品の選び方 > 初心者向けのジャケットは?

バイク用品の選び方

初心者向けのジャケットは?




バイクの免許を取って、兄からCB400FOURを譲り受けることに決まった時。
私は、真っ先にジャケットを買いに行きました。

行き先はNANKAI(南海部品)の代理店です。

いかにも初心者的な発想ですが、私の住んでいる田舎町では他に選択肢もありませんでしたから、仕方ありません。

そこで、私は赤いジャケットを買いました。

なぜ、赤なのか?
バイクの色が、赤だったからです。

赤いバイクには、どんな色のジャケットを着たらいいんだろう。
なんてことを、兄に連れられてバイク屋さんへ行った時、大真面目に質問をしたのを覚えています。
バイク屋のおにいさんは「赤いバイクには赤かなぁ、やっぱり」と、これも大真面目に答えてくれました。

そんなわけで私は、NANKAIの数あるジャケットの中から、赤色の、しかも一番安いジャケットを買ったのでした。


ジャケットは、バイク用のものであればまず間違いありません。

初めてバイクに乗る人なら、NANKAIブランドのジャッケットでも十分だと思います。
価格もお手頃ですし、種類も豊富です。


私が初めて買ったNANKAIブランドのジャケット(春夏用)は、1万円ほどのものだったと思います。
当然プロテクターなんかも入っていませんでしたが、それでも転倒時にはしっかり私の身を守ってくれました。
(初心者のうちは、転倒して大怪我するほどの走りもできませんから。)

そのうち、もっとカッコイイのに買い替えようと思いつつ、結局5年は着たでしょうか。
それほど気に入っていたわけでもありませんし、使い込んであちこち擦り切れ、色もすっかり褪せていました。

それでも、ついにファスナーが壊れ、上下どちらからでも開くようになってしまって買い換えることになった時には、何だか少し寂しい気がしました。

たったの1万円で、5年間も私を守ってくれたジャケット。
安くて、お世辞にもおしゃれとは言えない代物でしたが、5年も着れば愛着も沸くものです。

NANKAIジャケット、万歳!!!

南海部品


ちなみに、バイク用のジャケットにも夏用、冬用があります。

夏場に風を通さない冬用のジャケットでは蒸し焼きになってしまいますし、冬場に通気性抜群の夏用ジャケットでは凍え死んでしまいます。

冬はバイクに乗らない…という人は、夏用ジャケットしか持っていなくてもアンダーウエアで体温調節することができますが、真冬でもバイクに乗りたい人は、やはり夏用、冬用2種類揃えておきたいものです。
(冬の装備については“防寒着について考える”を参照)

人気記事はコレ!

任意保険料はいくら必要か

では具体的に、バイクの任意保険料って、いくらくらいかかるものなの? バイクという高額な買い物をした直後のあなたは、きっと心配されていることと思いますが、自賠責保険と任意保険はバイクに乗る上での必要経費...

スムーズなシフトアップとは

発進と同時にこんなエンジン音を響かせて走り去って行くバイク、見たことありませんか? ヴォーン、ヴォヴォーン、ヴォヴォーン…… シフトアップの際、クラッチを切ると同時にアクセルを2回煽ると、こういう音に...

ルールを守ったすり抜けを

すり抜け自体は別にしてもしなくてもよいものですし、安全を最重視するのであれば、むしろしない方がよいでしょう。 私自身は、時と場合によっては、すり抜けもします。 正確には「していました」でしょうか。...


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: