バイクの免許を取得しよう!もっとカッコ良く乗りこなそう!初心者、女性ライダー必見です。

バイク初心者のためのライダー1年生講座 > バイク用品の選び方 > バイクに乗るなら格好から

バイク用品の選び方

バイクに乗るなら格好から




初心者の時って、

「まだロクに乗れもしないのに、格好ばかりじゃ恥ずかしい」

と、バイクに乗る時でも普段着で済ませてしまう人が、意外と多いものです。


ですが、ここは声を大にして言わせて下さい。

初心者だからこそ、きちんとしたライディングウエアが必要なのです!

ライディングウェアは何のためにあるのだと思いますか?
ただのファッションではありません。

ヘルメットやブーツも含め、ライディングウェアは転倒した時に身体に与えるダメージが極力少なくなるよう、素材や機能にこだわって作られています。

つまり、安全のために身につけるものなのです。


普通に走っているだけなら、ベテランライダーよりも初心者の方が転倒する可能性は高いですよね。
だからこそ、初心者だって「格好ばかりじゃ…」なんて恥ずかしがらずに、きちんとしたウエアを着るべきなのです。


近所を走るだけなら、私もTシャツ一枚とか薄っぺらいパンツでバイクに乗ることはあります(あまりオススメはしませんが)。

だけど、長距離ツーリングに出かける時は何があるかわかりませんから、厚手のジャケット、グローブ、ブーツ、きちんとしたメーカーのヘルメット。
最低限、これだけは身に着けるようにしています。


ジャケットの代わりにジージャンでも、まぁ大丈夫だと思います。

私も、ジージャンだけで走ることはあります。
それで転倒したこともありましたが、ジージャンが少し破れただけで、私自身は大きな怪我をせずに済みました。

しっかりした素材のものであれば、ジージャンでもそれなりに体を守ってくれるものです(大きな事故になると別ですが)。


ジャケットの下は、動きやすいもにであれば何でもいいです。

私の場合は暖かい時期ならTシャツ、冬場はセーターが基本ですが、バイクの場合は走る時間帯や場所によって体感温度が大きく変わるので、調節用に必ず、ジャケットの下にはおるフリースか何かを用意していました。


ボトムスはジーパンで十分です。
というより、最低でもジーパンをはいて下さい。

もちろん、ジーンズなら何でもいいというわけではありません。
レーヨンやテンセルのようなペラペラした素材のものは、ちょっとコケただけでもすぐに破れてしまいますので、できるだけ丈夫な生地のものを選びましょう。


時々、高速道路を使った長距離ツーリングでも、足首がむき出しのスニーカーや綿のパンツをはいている人を見かけますが、ああいうのは絶対に真似しないで下さいね。

バイクは格好から入る!

これが、正しいバイク乗りの在り方なのです。

人気記事はコレ!

任意保険料はいくら必要か

では具体的に、バイクの任意保険料って、いくらくらいかかるものなの? バイクという高額な買い物をした直後のあなたは、きっと心配されていることと思いますが、自賠責保険と任意保険はバイクに乗る上での必要経費...

スムーズなシフトアップとは

発進と同時にこんなエンジン音を響かせて走り去って行くバイク、見たことありませんか? ヴォーン、ヴォヴォーン、ヴォヴォーン…… シフトアップの際、クラッチを切ると同時にアクセルを2回煽ると、こういう音に...

ルールを守ったすり抜けを

すり抜け自体は別にしてもしなくてもよいものですし、安全を最重視するのであれば、むしろしない方がよいでしょう。 私自身は、時と場合によっては、すり抜けもします。 正確には「していました」でしょうか。...


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: