バイクの免許を取得しよう!もっとカッコ良く乗りこなそう!初心者、女性ライダー必見です。

バイク初心者のためのライダー1年生講座 > バイク用品の選び方

バイク用品の選び方




バイクに乗るなら格好から

初心者の時って、

「まだロクに乗れもしないのに、格好ばかりじゃ恥ずかしい」

と、バイクに乗る時でも普段着で済ませてしまう人が、意外と多いものです。


ですが、ここは声を大にして言わせて下さい。

「バイクに乗るなら格好から」詳細はこちら

初心者向けのジャケットは?

バイクの免許を取って、兄からCB400FOURを譲り受けることに決まった時。
私は、真っ先にジャケットを買いに行きました。

行き先はNANKAI(南海部品)の代理店です。

いかにも初心者的な発想ですが、私の住んでいる田舎町では他に選択肢もありませんでしたから、仕方ありません。

「初心者向けのジャケットは?」詳細はこちら

バイク乗りもおしゃれしたい!

最初だからって、ケチケチしたくない。
多少高くても、自分の気に入ったものを着たい。

という人は、いろいろなメーカーのものを見比べて、ぜひ自分好みのジャケットを探してみて下さい。
高価なジャケットは、それだけ機能性にも優れていますから、買って損はないはずです。

「バイク乗りもおしゃれしたい!」詳細はこちら

ヘルメットの種類を知っておこう

ヘルメットは、とっても大切です。

そんなこと、当たり前だ!

と、思われるかもしれませんが、ヘルメットの大切さを本当にわかっている人って、意外と少ないのではないでしょうか。

「ヘルメットの種類を知っておこう」詳細はこちら

ヘルメットの性能を考える

ヘルメットは、とにかく性能重視で選びます。

その、一つの目安となるものが、JISマーク

JISマークはご存知の通り、工業標準化法で定められた基準(JIS規格)をクリアした製品だけが表示できるマークです。
ヘルメットの場合も、JISマークのあるものなら、それなりに安全度が高いと考えて良いでしょう。

その他に、SNELLマークというものもあります。

「ヘルメットの性能を考える」詳細はこちら

正しいグローブの選び方

ジャケットでも、ヘルメットでも、ブーツでも同じですが、ライディング用の装備は、バイクの車種によって選び分ける必要があります。

レーシング用の革ツナギ。
バイザーの付いたオフロード用ヘルメット。

この辺はなんとなくわかりますが、グローブの種類って、ちょっとわかりにくくありませんか?

「正しいグローブの選び方」詳細はこちら

正しいブーツの選び方

ブーツの選び方。
というタイトルを見ての通り、バイクに乗る時の足元はブーツが基本です。

スニーカーでバイクに乗っている人もたまに見かけますが、まぁ百歩譲って、ちょっとそこまで…の街乗りならヨシとしましょう。
(それでも、できればハイカットスニーカーくらいの方がいいと思いますが)


ですが、そこそこの距離を走るツーリングにスニーカーはやっぱりいけません

「正しいブーツの選び方」詳細はこちら