バイクの免許を取得しよう!もっとカッコ良く乗りこなそう!初心者、女性ライダー必見です。

バイク初心者のためのライダー1年生講座 > 防寒着について考える > レインウェアで防寒する

防寒着について考える

レインウェアで防寒する




真冬に長距離ツーリングはしないし、冬用のウェアはもったいないから買いたくない。
という人も、中にはいると思います。

まぁ、私自身がそうだったんですけどね。

どうせ、冬は雪が降るし、路面が凍ってバイクには乗れないから、本格的な防寒着はいらない。
でも、3シーズン用のジャケットでは、11月に入ってからのツーリングは、結構寒さが身にしみる。

それでも、上半身はジャケットの下にモコモコと重ね着すれば何とかなるけれど(動きにくいし、格好悪いけど)、問題は下。

ジーンズの下に、そう何枚も重ねていろいろはくわけにはいかないし、せいぜい、タイツを一枚余分にはいてみるのが関の山です。


でも、寒いんですよ。

上はしっかり着込んでいるからまだマシとして、風を受けやすい太股あたりから、タイツとジーンズを通して冷気がぞわぞわと広がってくるような感じ。


日が落ちてきたり、山の上を走ったり、海の際を走ったりすると、ますます寒さが堪えます。

で、寒くて寒くて、

「もう我慢できない!」

と、なった時。

どうするかと言うと、レインウェア…そう、カッパを着るんです。


バイク用のカッパというのは本当に賢くできていて、時速何十キロのスピードで雨の中を走っても、カッパの下まで雨が吹き込んでくることはありません。

当然、風や冷気もしっかりシャットアウトしてくれますから、下手にセーターやらトレーナーやらを着込むより、ジャケットの上にカッパ一枚重ねた方が、よほど快適だったりします。

私はよく、ジーンズの上にカッパの下だけ、オーバーパンツみたいに重ねてはいていましたね。


そんな感じで、バイク用のレインウェアは防寒着としても大活躍してくれますから、どんなに晴れた日のツーリングでも、忘れず携帯するようにしましょう。

まだ肌寒い春先や秋口だけでなく、夏場でも山の上の避暑地は結構冷え込んだりしますから、重宝しますよ。


レインウェアの選び方についてはこちらを参考にして下さいね。

人気記事はコレ!

任意保険料はいくら必要か

では具体的に、バイクの任意保険料って、いくらくらいかかるものなの? バイクという高額な買い物をした直後のあなたは、きっと心配されていることと思いますが、自賠責保険と任意保険はバイクに乗る上での必要経費...

スムーズなシフトアップとは

発進と同時にこんなエンジン音を響かせて走り去って行くバイク、見たことありませんか? ヴォーン、ヴォヴォーン、ヴォヴォーン…… シフトアップの際、クラッチを切ると同時にアクセルを2回煽ると、こういう音に...

ルールを守ったすり抜けを

すり抜け自体は別にしてもしなくてもよいものですし、安全を最重視するのであれば、むしろしない方がよいでしょう。 私自身は、時と場合によっては、すり抜けもします。 正確には「していました」でしょうか。...


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: