バイクの免許を取得しよう!もっとカッコ良く乗りこなそう!初心者、女性ライダー必見です。

バイク初心者のためのライダー1年生講座 > 防寒着について考える > インナーウェアは必要か?

防寒着について考える

インナーウェアは必要か?




私自身は、着てみたことがないのでわかりません。

ですが旦那曰く、バイク用のインナーウェア(アンダーウェア)の防寒性、保温性は、手持ちの服を何枚か重ね着するのとは比べものにならないほど、優れているそうです。


そう言われると、なんだか欲しくなってきてしまいますよね?


ですが、インナーウェアが自分にとって本当に必要なものなのか、まずはよく考えてみる必要があります。
(だって、インナーと言えども平気で5千円〜1万円以上もしますから。)

例えば、バイク便をしていた頃の旦那のように、真冬でも朝から晩までバイクに乗っているとか、冬場でもちょくちょくロングツーリングに出かけるという人は、持っていた方がいいでしょう。


だけど、冬は近場の街乗り程度とか、チョイ乗りしかしないとか、片道十数分の通勤のみという人には、まず必要ないと思います(私は、このタイプでした)。


要は、乗り方なんですね。


冬場に長時間バイクに乗る場合は、快適性が大事です。

寒さで苦痛を感じるほどでは仕事(バイク便やメール便ライダーなどの場合)に支障が出ますし、せっかくのツーリング(ツーリングライダーの場合)も楽しめません。

防寒ができていないと、集中力を失ったり、操作に支障をきたしてしまったりして、事故を起こしてしまうこともあるかもしれません。


ですが、短距離なら体が冷え切る前に目的地にたどり着けますし、そのために1万円以上もするインナーを買うくらいなら、ちょっといい冬用ジャケットを買った方が賢いですよね。


バイク用の防寒着の考え方って、インナーウェアに限らず、すべてそれに尽きると思います。


どれだけの性能を求めるか。
どこまでお金をかけるか。

それは結局、あなたの乗り方で判断するしかありません。

インナーウェア


今、私は北陸地方に住んでいます。


12月半ばでも、まだ雪の積もらないことが多いですが、寒がりな私は、12月に入ってしまうとバイクに乗りません。

だから、私にはやっぱり、本格的な防寒着は必要ありません。


旦那は北陸へ引っ越して来てからも時々、バイクを通勤の足代わりに使っていましたが、12月でも下がジーパンの上にオーバーパンツ、上は厚手のパーカーかトレーナーにオールシーズン用のジャケットを重ね着しているだけでした。

その格好で小1時間ほどバイクを走らせることもありますが、意外と平気そうでした。


あなたの乗り方に合った防寒方法を、考えてみて下さい。

人気記事はコレ!

任意保険料はいくら必要か

では具体的に、バイクの任意保険料って、いくらくらいかかるものなの? バイクという高額な買い物をした直後のあなたは、きっと心配されていることと思いますが、自賠責保険と任意保険はバイクに乗る上での必要経費...

スムーズなシフトアップとは

発進と同時にこんなエンジン音を響かせて走り去って行くバイク、見たことありませんか? ヴォーン、ヴォヴォーン、ヴォヴォーン…… シフトアップの際、クラッチを切ると同時にアクセルを2回煽ると、こういう音に...

ルールを守ったすり抜けを

すり抜け自体は別にしてもしなくてもよいものですし、安全を最重視するのであれば、むしろしない方がよいでしょう。 私自身は、時と場合によっては、すり抜けもします。 正確には「していました」でしょうか。...


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: