バイクの免許を取得しよう!もっとカッコ良く乗りこなそう!初心者、女性ライダー必見です。

バイク初心者のためのライダー1年生講座 > 防寒着について考える > 手と首周りの保温方法は?

防寒着について考える

手と首周りの保温方法は?




まず、手の防寒ですが、ウィンターグローブは確かに保温性が高く、機能的です。

ただし、普通のグローブに比べるとかなり厚手なため、バイクの操作に若干難ありかもしれません。
慣れるまでは、ちょっとイヤ〜な感じかもしれませんね。


私の旦那はその昔(私と知り合う、ずっとずっと前のこと)、バイク便ライダーをしていました。
仕事柄、真冬でも朝から晩まで一日中バイクを乗り回していたため、防寒にはちょっとうるさいです

その旦那曰く、グローブは冬用を使うより、3シーズン用のものにインナーグローブを重ねて使った方が操作性は良いとのことでした。

もちろんウィンターグローブに比べると保温性は圧倒的に劣りますし、時間が経つにつれて指先もかじかんできますから、長距離のツーリングにはきちんとしたウィンターグローブを使用した方がよいでしょう。

ウインターグローブ

インナーグローブ

重ね使いをする時の小技として、手の甲(グローブとインナーの間)にミニサイズのカイロを入れておくと、保温性もアップしますよ。


次に首周りの保温についてですが、フェイスマスクは、あった方がいいです。
フルフェイスでも、ヘルメットの下からの吹き込みは、結構こたえます。

首から顔面すべて覆いつくす、フルフェイスタイプのウォーマー(よく強盗がかぶっているような、アレです)もありますが、まぁ、そこまでは必要ないでしょう。

ヘルメットと襟元の隙間を埋めてくれるハーフサイズのウォーマーがあれば、十分です。


ちなみに私は、近所の店(NANKAI)で一番安いネックウォーマーを買って、フェイスマスク代わりに使っていたことがありますが、鼻まで覆うとムレて気持ちが悪く、結局ほとんど使わずじまいでした。

なので、フェイスマスクは多少高くても、ちゃんとした通気性の良いものを選んだ方がよいでしょう。


ネックウォーマーでも良いのですが、首だけを覆うか、首から鼻までを覆うかによって、暖かさは随分違うものです。



個人的には、長めのスカーフや薄手のマフラーでも代用できるのではないかと思っています。

私自身、手持ちのマフラーをぐるぐる巻きにして首周りをカバーしていましたことがあります。

 ←実際の写真(わかりますか?)

フリース素材のフルサイズのマフラーでしたのでちょっと嵩張りましたが、ヘルメットの隙間は完璧に埋められたので、鼻まで覆わなくても保温性は抜群でしたよ。

少なくとも、あの安物のネックウォーマーよりは役に立ったと思います。


本格的なツーリングにはオススメできませんが、街乗りくらいなら、こんな防寒の仕方もありますよ、ということで。心に留めておいて下さい。


【楽天】バイク用品市場 (バイク用品が安く揃います)


最後に、くどいようですが、バイクに乗る時には服を何枚も重ね着するより、首周りの風の侵入を防ぐことの方が何倍も防寒効果が高いということだけは、覚えておいて下さいね。

人気記事はコレ!

任意保険料はいくら必要か

では具体的に、バイクの任意保険料って、いくらくらいかかるものなの? バイクという高額な買い物をした直後のあなたは、きっと心配されていることと思いますが、自賠責保険と任意保険はバイクに乗る上での必要経費...

スムーズなシフトアップとは

発進と同時にこんなエンジン音を響かせて走り去って行くバイク、見たことありませんか? ヴォーン、ヴォヴォーン、ヴォヴォーン…… シフトアップの際、クラッチを切ると同時にアクセルを2回煽ると、こういう音に...

ルールを守ったすり抜けを

すり抜け自体は別にしてもしなくてもよいものですし、安全を最重視するのであれば、むしろしない方がよいでしょう。 私自身は、時と場合によっては、すり抜けもします。 正確には「していました」でしょうか。...


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: