バイクの免許を取得しよう!もっとカッコ良く乗りこなそう!初心者、女性ライダー必見です。

バイク初心者のためのライダー1年生講座 > 防寒着について考える > ウインタージャケットの選び方

防寒着について考える

ウインタージャケットの選び方




防寒着と言えば、まずは、ウィンタージャケットです。

バイクの場合は、厚着をして外気を遮断するだけではいけません。
体感温度を少しでも上げるためには、とにかく風の吹き込みを防ぐこと。

そのために必要なのが、冬用ジャケットなのす。


しかし、ひと口に「ウィンタージャケット」と言っても、1万円台のものから10万円近いものまで様々ですね。

おそらく、高価なものほど防寒性が高いのは間違いがないでしょう(そんな高価なジャケットは着たことがないので、想像ですが)。

ですが、それほど高いものでなくても、冬用と謳っているものであれば、そこそこの防寒性は整えられていると思います。

機能性、安全性を考えると、2~3万円程度のもので十分ではないでしょうか。


まず、バイク初心者の方におすすめしたいのが、取り外しが可能なインナーウェアがついたジャケット。
インナーを外すことでオールシーズン着回すこともできて、経済的です。
秋口など気候の微妙な時期には、時間帯や行き先によってインナーを着けたり外したりと使い分けることも可能です。

又は、やたらと重ね着するのではなく、オールシーズン用のウエアの下に専用のインナージャケットを着用するのも良いですね。
インナージャケット

ゴールドウィンは、独自の素材を開発し、設計にもこだわり、防水性と透湿性の高さに力を入れています。

GOLDWIN独自の開発思想CASE

機能性はピカイチ…ですが、デザインはちょっとイマイチですかね……。
ゴールドウィンのウィンタージャケット

ただ、お値段は昔に比べるとかなりリーズナブルになったような?

真冬でもロングツーリングせずにはいられない本格的なツーリングライダーさんにはこういうジャケットが必要なのかもしれませんね。


他にも、レザー(フェイクレザー)、デニム、中綿、ダウンと様々な素材のジャケットがあります。

レザーなんて風を通しにくそうなイメージがありますが、レザージャケットを着ていたことのあるウチの旦那曰く、結構寒いそうですよ。
冬用には向かないようですね


では、次のページから、バイクの防寒方法について、もう少し詳しくお話したいと思います。

人気記事はコレ!

任意保険料はいくら必要か

では具体的に、バイクの任意保険料って、いくらくらいかかるものなの? バイクという高額な買い物をした直後のあなたは、きっと心配されていることと思いますが、自賠責保険と任意保険はバイクに乗る上での必要経費...

スムーズなシフトアップとは

発進と同時にこんなエンジン音を響かせて走り去って行くバイク、見たことありませんか? ヴォーン、ヴォヴォーン、ヴォヴォーン…… シフトアップの際、クラッチを切ると同時にアクセルを2回煽ると、こういう音に...

ルールを守ったすり抜けを

すり抜け自体は別にしてもしなくてもよいものですし、安全を最重視するのであれば、むしろしない方がよいでしょう。 私自身は、時と場合によっては、すり抜けもします。 正確には「していました」でしょうか。...


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: