バイクの免許を取得しよう!もっとカッコ良く乗りこなそう!初心者、女性ライダー必見です。

バイク初心者のためのライダー1年生講座 > 防寒着について考える > 防寒着は何を用意する?

防寒着について考える

防寒着は何を用意する?




ウィンター用のジャケットは、雪の降る地域にお住まいのライダーさんには、あまり必要ないかもしれませんね。

実際、結婚前まで関東地方に住んでいた旦那は、春夏用と冬用のジャケットを別々で持っていましたが、生まれも育ちも北陸地方の私は、持っていません。

ジャケットは、3シーズン用の一着だけ。


ちょっと考えただけでは、逆のような気がしますけどね。

なぜかと言うと、雪の積もる地域に住んでいるライダーは、真冬はバイクに乗らないからです。


私の場合、走り納めは毎年、11月上旬から中旬頃でした。

そして、しばらく冬眠し、再びバイクに乗り始めるのが、3月下旬から4月中旬頃。


その間は、とてもじゃないけどバイクになんて乗れません。


寒い以前に、いくら雪が積もっていなくても地面が凍結していたりしていますし、一つ間違えれば大変な目に遭います。
(中には、雪が降ろうが地面が凍ろうが、お構いなしでバイクに乗る人もいるかもしれませんが…)


そんなわけで、私は防寒着を買ったことがありません。

11月中なら、下はジーパン1枚(場合によってはスパッツやタイツ着用)、上はインナー2~3枚+ジージャン+ジャケットの重ね着で、ロングツーリングもギリギリ乗り越えられましたから。


雪の積もらない地域にお住まいのライダーさんでも、

「冬は寒いから、バイクには乗らない」

という人には、あまり必要ないかもしれません。


だけど、もしあなたが真冬でもバイクに乗りたい、もしくは乗る必然性があるのでしたら、防寒着、つまりウィンタージャケットなどの冬用ウェアは、必ず用意しておきましょう。


真冬のバイク走行は、想像を絶する寒さを体感することだと思って下さい。

ゲレンデへスキーをしに行くとか、冬山を登るとか、そんなレベルの寒さではありません。
気温一桁台の冷気の中を、時速ウン十キロで走り抜けるんですから。


きちんと保温をせずにバイクに乗るということは、ただ寒くい思いをするだけではありません。
バイクの操作にも影響が出て、とても危険です。


本当は、以前の私のようにモコモコ重ね着でしのぐというのも、あまり良い方法ではないんですけどね。

旦那曰く、

「信じられない」

ことだそうです。


やはり、厚い衣類を重ね着すれば、体はそれだけ自由が奪われますし、いざという時に機敏な運転ができなくなってしまいます。

ですから本来は、近場の街乗り程度ならともかく、重ね着しなくてはならないような時期にツーリングに出かけるのであれば、冬用のジャケットは用意しておいた方がいいんでしょうね。


私は安月給の貧しいOLだったので、あるもので重ね着という選択肢しか出てこなかったんですが、多少の余裕がある人は、ウィンタージャケットも用意する方向で、考えてみて下さい。

人気記事はコレ!

任意保険料はいくら必要か

では具体的に、バイクの任意保険料って、いくらくらいかかるものなの? バイクという高額な買い物をした直後のあなたは、きっと心配されていることと思いますが、自賠責保険と任意保険はバイクに乗る上での必要経費...

スムーズなシフトアップとは

発進と同時にこんなエンジン音を響かせて走り去って行くバイク、見たことありませんか? ヴォーン、ヴォヴォーン、ヴォヴォーン…… シフトアップの際、クラッチを切ると同時にアクセルを2回煽ると、こういう音に...

ルールを守ったすり抜けを

すり抜け自体は別にしてもしなくてもよいものですし、安全を最重視するのであれば、むしろしない方がよいでしょう。 私自身は、時と場合によっては、すり抜けもします。 正確には「していました」でしょうか。...


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: