バイクの免許を取得しよう!もっとカッコ良く乗りこなそう!初心者、女性ライダー必見です。

バイク初心者のためのライダー1年生講座 > 防寒着について考える

防寒着について考える




防寒着は何を用意する?

ウィンター用のジャケットは、雪の降る地域にお住まいのライダーさんには、あまり必要ないかもしれませんね。

実際、結婚前まで関東地方に住んでいた旦那は、春夏用と冬用のジャケットを別々で持っていましたが、生まれも育ちも北陸地方の私は、持っていません。

ジャケットは、3シーズン用の一着だけ。


ちょっと考えただけでは、逆のような気がしますけどね。

「防寒着は何を用意する?」詳細はこちら

ウインタージャケットの選び方

防寒着と言えば、まずは、ウィンタージャケットです。

バイクの場合は、厚着をして外気を遮断するだけではいけません。
体感温度を少しでも上げるためには、とにかく風の吹き込みを防ぐこと。

そのために必要なのが、冬用ジャケットなのす。


しかし、ひと口に「ウィンタージャケット」と言っても、1万円台のものから10万円近いものまで様々ですね。

おそらく、高価なものほど防寒性が高いのは間違いがないでしょう(そんな高価なジャケットは着たことがないので、想像ですが)。

「ウインタージャケットの選び方」詳細はこちら

ウインタージャケットとオーバーパンツ

寒空の下をただ歩いているだけならば、肌の露出を極力減らし、暖かい上着を着込むだけでいいのですが、バイクに乗る場合は、少し事情が違います。

時速ウン十キロのスピードでバイクを走らせていると、衣服の隙間という隙間から、寒風が入り込んできます。

「ウインタージャケットとオーバー...」詳細はこちら

手と首周りの保温方法は?

まず、手の防寒ですが、ウィンターグローブは確かに保温性が高く、機能的です。

ただし、普通のグローブに比べるとかなり厚手なため、バイクの操作に若干難ありかもしれません。
慣れるまでは、ちょっとイヤ〜な感じかもしれませんね。


私の旦那はその昔(私と知り合う、ずっとずっと前のこと)、バイク便ライダーをしていました。
仕事柄、真冬でも朝から晩まで一日中バイクを乗り回していたため、防寒にはちょっとうるさいです

「手と首周りの保温方法は?」詳細はこちら

インナーウェアは必要か?

私自身は、着てみたことがないのでわかりません。

ですが旦那曰く、バイク用のインナーウェア(アンダーウェア)の防寒性、保温性は、手持ちの服を何枚か重ね着するのとは比べものにならないほど、優れているそうです。


そう言われると、なんだか欲しくなってきてしまいますよね?


ですが、インナーウェアが自分にとって本当に必要なものなのか、まずはよく考えてみる必要があります。
(だって、インナーと言えども平気で5千円〜1万円以上もしますから。)

「インナーウェアは必要か?」詳細はこちら

レインウェアで防寒する

真冬に長距離ツーリングはしないし、冬用のウェアはもったいないから買いたくない。
という人も、中にはいると思います。

まぁ、私自身がそうだったんですけどね。

「レインウェアで防寒する」詳細はこちら