バイクの免許を取得しよう!もっとカッコ良く乗りこなそう!初心者、女性ライダー必見です。

バイク初心者のための“ライダー1年生講座” > バイクに乗る時の服装は? > バイク乗りもおしゃれしたい!

バイクに乗る時の服装は?

バイク乗りもおしゃれしたい!

最初だからって、ケチケチしたくない。
多少高くても、自分の気に入ったものを着たい。

という人は、いろいろなメーカーのものを見比べて、ぜひ自分好みのジャケットを探してみて下さい。
高価なジャケットは、それだけ機能性にも優れていますから、買って損はないはずです。

人気が高いのは、やはりイエローコーンでしょうか。
デカデカとロゴが入っていて目立つせいか、ツーリングライダーの3人に1人はイエローコーンを着ているような気がします(あくまでも気がするだけですが)。


ウチの旦那、知り合った当時はイエローコーン(単色でイエローコーンにしては地味目でしたが)を着ていましたが、今はそのまま街中を歩いても浮かないジャケットの方が良いと、NHRAのジャケットです。
2万円弱で購入したものですが、シンプルで軽く、着心地も良いし、何より悪目立ちしないと、結構気に入っているようです。

(ちなみに、イエローコーンの皮革ジャケットは元々高価なものだったので、オークションで結構いい値で売れました。)


気に入ったジャケットが見つかったら、次はサイズ選びです。

前傾姿勢になった時に背中が窮屈でないか、ハンドルを持った時に手首が出ないかなど、バイクの特性をしっかり理解した上で、通常よりも、やや大きめのサイズを選ばなくてはなりません。

私は、夏場のちょっとしたツーリングなら普通のジージャンで出かけたりもしましたが、ハンドルを握ると袖口から手首が出てしまい、そのため、毎年夏になると手首だけが黒くバイク焼けしてしまったものです。


ちなみに私は、NANKAIジャケット亡き後、旦那からプレゼントされたカドヤのデニムジャケットを愛用しています。

これも2万円弱のものですが、生地が厚手な上にプロテクターも入って、かなりしっかりした作りになっています。
女性用らしく、ラインがきれいなところも気に入っています。

ただし、厚手のデニムというのは、お世辞にも着心地は良いとは言えません。
ポケットが少ないので、機能性もイマイチです。
色が黒一色なので、安全面でもやや劣るかもしれません(赤や黄などの派手な色のものや反射材のついたものの方が安全です)。

ですが、今の私のスタイルには、これで十分だと思っています。
小さな子供が2人もいては、なかなかハードなツーリングにも出かけられませんから。


ここまでお話したように、バイク用のジャケットは、

・機能性と安全性
・デザインや色
・サイズと着心地

の3点を考慮し、その上で、バイクの種類や自分の乗り方に合ったものを選びます。


自分のバイクにはどういうジャケットが合うのかわからない…という方は、とりあえずバイク雑誌などで研究してみて下さい。
バイク用品には、車種によって合うもの、合わないものがありますので、ある程度の下調べは必要です。

(初めてのツーリングにきっちりキメてきたネイキッド乗りの女性が「そのグローブ、オフロード用だよ」
と突っ込まれているのを見たことがあります。)

3シーズンジャケット

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: