バイクの免許を取得しよう!もっとカッコ良く乗りこなそう!初心者、女性ライダー必見です。

バイク初心者のためのライダー1年生講座 > ロードサービスを考えよう > お得な付帯型ロードサービス

ロードサービスを考えよう

お得な付帯型ロードサービス




わざわざ高い年会費を払って専門業者を利用しなくても、付帯型のロードサービスを使うという方法もあります。


付帯型と言えば、まず思い当たるのがクレジットカード。

ただし、これには少し注意が必要です。

ロードサービスには二輪車対象外のものが結構多く、私のイチオシのENEOSカードにもロードサービスは付帯していますが、残念ながらロードサービスは二輪対象外。


そこで、これ。

E-NEXCO pass!!

カード年会費1,312円と、ロードサービスのオプション料としてプラス525円がかかりますが、年に1回でもクレジット機能を利用すれば、翌年も会費はかかりません(初年度は無料です)。

ロードサービスはもちろん二輪も対象で、レッカーサービスは10kmまで無料、一般的なトラブルにも30分以内の修理には無料対応しています。

“高速人カード”という名称がついているだけあって、高速道路で利用するメリットも大きいですし、実質、会費無料でこれだけのサービスを受けられるのですから、付帯型のサービスとしては、かなりお得だと言えます。


では、付帯型で、もうひとつ。
バイクの任意保険にも、今は大抵ロードサービスが付帯しています。

その中でも、特におすすめなのが、チューリッヒ。

「業界最高レベル」を謳っているだけあって、

・レッカーサービス100kmまで無料
・レンタカー24時間まで無料
・帰宅費用を限度額なしで補償
・1日分の宿泊費用を全額サポート
・応急処置が時間の制限なく無料

と、サービス内容は他と比較にならないほどの充実ぶり!


しかも、2009年7月からは、東京23区での専属バイクによるロードサービスの提供も開始しており(業界初!)、渋滞しやすい都市部での迅速で正確なサービスの提供に取り組んでいるとのこと。

いかにバイクのロードサービスに力を入れているかが、伺えます。


これからバイク保険に加入する、もしくは更新時期が近いという人は、チューリッヒのバイク保険を検討してみてはいかがでしょうか。

チューリッヒのバイク保険

人気記事はコレ!

任意保険料はいくら必要か

では具体的に、バイクの任意保険料って、いくらくらいかかるものなの? バイクという高額な買い物をした直後のあなたは、きっと心配されていることと思いますが、自賠責保険と任意保険はバイクに乗る上での必要経費...

スムーズなシフトアップとは

発進と同時にこんなエンジン音を響かせて走り去って行くバイク、見たことありませんか? ヴォーン、ヴォヴォーン、ヴォヴォーン…… シフトアップの際、クラッチを切ると同時にアクセルを2回煽ると、こういう音に...

ルールを守ったすり抜けを

すり抜け自体は別にしてもしなくてもよいものですし、安全を最重視するのであれば、むしろしない方がよいでしょう。 私自身は、時と場合によっては、すり抜けもします。 正確には「していました」でしょうか。...


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: