バイクの免許を取得しよう!もっとカッコ良く乗りこなそう!初心者、女性ライダー必見です。

バイク初心者のためのライダー1年生講座 > ロードサービスを考えよう > ZuttoRideのロードサービス

ロードサービスを考えよう

ZuttoRideのロードサービス




盗難対策のページで、ZuttoRideバイク盗難保険について説明しました。

そちらでは触れませんでしたが、ZuttoRideではロードサービスも扱っていて、盗難保険単独、ロードサービス単独、そして両方をセットしたフルサポートのサービスを受けることも可能なのです。

では、このZuttoRideのロードサービスは、JAFやJRSとどう違うのでしょうか?


まず一つ目は、JBRのロードサービスは、バイクのロードサービスに特化しているという点。

これは、バイクに特化しているというメリットのようにも聞こえますが、反面、会員であれば、車でもバイクでも対応してくれるJAFやJRSと違い、バイクしかサービスの提供を受けられないというデメリットであるとも考えられます。


二つ目が、レッカー移動距離に応じて3つのサービスプランがあるということ。

ロード50  年会費5,800円  レッカー50kmまで無料
ロード100 年会費7,800円  レッカー100kmまで無料
ロード無制限 年会費9,800円  レッカー無制限で無料

頻繁に長距離ツーリングに出かける人には、Cプランでも惜しくはないですが、まぁ50kmも移動できればどこかのバイク屋さんには辿り着けるでしょうから、それでも十分だと思います。
深夜の峠で遭難しかかった私としては。

ちなみに、無料距離を超過した場合は、1kmあたり525円の追加料金になります。


そして、三つ目の違い。

もし、あなたがツーリングマップルをお持ちでしたら、裏表紙をめくってみて下さい。

そこに、ZuttoRideの一面広告が出ているはずです(と、思います…今でも出てるんでしょうか…)。

これは、ただ単に広告を出しているわけではありません。

ZuttoRideのコールセンターにもツーリングマップルが常備されていて、マップルを見ながらページ番号、エリア番号、付近の目印を確認することで、すばやく現場の特定ができる仕組みになっているのだそうです。


以前にもお話しましたが(“ロードサービスは必要か?”参照)、実は私、ZuttoRide(当時はJBR)に電話したことがありました。

…でも、駆けつけてはもらえませんでした。

あの時は、コケて落ち込んでいた時だっただけに、相当ガックリきましたが、今になって思うと、それも当然です。

GWはツーリングライダーも多いですし、おそらく事故も多いでしょう。
いきなり電話してきた一見さんより、会員が優先されるのは当たり前なのです。
レッドバロンもJAFも、みんなそうなんです。

本当に困った時にサービスを受けようと思ったら、やっぱり、ちゃんと会員になっておくべきなんですよね。


ZuttoRideの詳しい内容はこちらで確認ください。
もしかしたら、記事の中に古い情報も混じっているかもしれませんので…。

盗難保険とロードサービスでライダーをフルサポート


では、次は付帯型のロードサービスについてです。

人気記事はコレ!

任意保険料はいくら必要か

では具体的に、バイクの任意保険料って、いくらくらいかかるものなの? バイクという高額な買い物をした直後のあなたは、きっと心配されていることと思いますが、自賠責保険と任意保険はバイクに乗る上での必要経費...

スムーズなシフトアップとは

発進と同時にこんなエンジン音を響かせて走り去って行くバイク、見たことありませんか? ヴォーン、ヴォヴォーン、ヴォヴォーン…… シフトアップの際、クラッチを切ると同時にアクセルを2回煽ると、こういう音に...

ルールを守ったすり抜けを

すり抜け自体は別にしてもしなくてもよいものですし、安全を最重視するのであれば、むしろしない方がよいでしょう。 私自身は、時と場合によっては、すり抜けもします。 正確には「していました」でしょうか。...


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: