バイクの免許を取得しよう!もっとカッコ良く乗りこなそう!初心者、女性ライダー必見です。

バイク初心者のためのライダー1年生講座 > ロードサービスを考えよう > ロードサービスは必要か?

ロードサービスを考えよう

ロードサービスは必要か?




ロードサービスは、加入しておいて絶対に損はありません。

転倒することなく、事故にも遭わずにバイクに乗っている間は、ロードサービスのことなんて考えもしないでしょう。

ですが、実際に事故ってからでは遅いのです。

忘れもしません。
GW真っ只中のあの日、ツーリングの真っ最中(というか、出発して間もなく)に、何を思ったか、一人で勝手に吹っ飛んでしまった、私。

友人に助けられてバイクを端に寄せ、自分も道路脇へ避難し、とりあえず助けを呼ぶことにしました。


まずは、ツーリング・マップルの裏に載っていたJBRに電話してみましたが、GW中のためレスキュー隊員はすべて出払っており、今すぐには無理とのこと。
JAFにも電話をしましたが、同様の返事。

車やバイクで出かける人の多い連休は、繁忙期なんですね。
会員優先なので、会員でない私の所まで、レスキュー隊員は回ってきません。


馴染みのバイク屋さんは、県外でも引き取りには行けるが、今は手が回らないので、GW明けになるとのこと。

父親に頼もうと思ったら、なんと両親は揃って旅行中。
当たり前か、GWだし……。

ダメもとでレッドバロンにも電話してみましたが、案の定「当店でバイクをお買い上げのお客様以外は……」。

撃沈。


この時、心から思いました。
イザという時のために、ロードサービスには何がなんでも加入しておくものだと。


では、体験談をもう一つ。

四国で一人暮らししていた頃のこと。

正月が明けてすぐ、本州からフェリーで戻ってきた私は、自分のマンションに帰るべく、駐輪場に停めてあったバイクにまたがり、エンジンをかけようとしました。

が、かからない。


それでなくとも、元々エンジンの具合の良くなかったシェルパ。
この真冬の寒空の下、年末から年始にかけての数日間、一度もエンジンをかけずに置きっ放しにしていたのですから、そう簡単に動いてくれるわけがありません。

しかし、その時のシェルパは、特別頑固でした。

チョークを引いて、セルを回す。
かからない。

しばらく休み、またチョークを引いてセルを回す。
かからない。

押しがけなんて、したこともありませんでした。
このままセルを回し続けて、バッテリーが上がってしまおうものなら、万事休すです。

マンションまで、バイクで約20分の距離を、シェルパを押して歩くしかないのか…。


その時は無事エンジンがかかってくれて、マンションに帰り着くことができましたが。

でも、あの時はホントに血の気が引きました。
頼れる人が誰もいない土地で、バイクが動かなくなるという恐怖。

しかも、時は夜中。

あの時、もし運良くエンジンがかからなかったら、私は深夜、一人でバイクを押して、約20キロの距離を歩かなければならなかったのです。

ロードサービスに加入していたら、電話ひとつでバッテリー交換に来てもらえたでしょうけど。


まだまだ、あります。

ツーリングの帰りに転んでしまい、自宅から100キロ以上も離れた場所で、バイクショップを探したことがありました(自走はできましたが、100キロの距離を自走して帰るには、あまりにも悲惨な状態だったので)。

苦労して、ようやく一軒のバイク店を見つけ、バイクを預けて電車で帰ることになりました。

が、キャンプツーリングの帰りです。
キャンプ用具一式と、ヘルメットをぶら下げて電車で帰る、私。
これも相当、惨めでした。


これだけの経験をしているのに、なぜ私はロードサービスに加入しなかったのか?

答えは簡単。
ロードサービスに加入する、という選択肢すら、思い浮かばなかったのです。

兄が、バイクの故障で高速道路で立ち往生し、JAFに来てもらって、その場で会員になったという話を聞いた時に、

「そうか、そんな便利なサービスがあったんだ。バイクでも大丈夫なんだ」

と、初めて、そんな手段があることを知ったのです。


ただし、兄の場合は日常的な移動中の出来事だったから、良かったのです。
これが連休中のツーリングでの出来事だったりすると、非会員は放置される確率が高いです(私のように)。


自分に限って…と、思いますか?
だけど私も、実際にこういう経験をするまでは、「自分に限って」と、思っていたんです。

だからこそ、私は強くおすすめします。
自力でバイクのトラブルを解決する自信のない方は、なんとしてもロードサービスに加入しておいて下さい。

人気記事はコレ!

任意保険料はいくら必要か

では具体的に、バイクの任意保険料って、いくらくらいかかるものなの? バイクという高額な買い物をした直後のあなたは、きっと心配されていることと思いますが、自賠責保険と任意保険はバイクに乗る上での必要経費...

スムーズなシフトアップとは

発進と同時にこんなエンジン音を響かせて走り去って行くバイク、見たことありませんか? ヴォーン、ヴォヴォーン、ヴォヴォーン…… シフトアップの際、クラッチを切ると同時にアクセルを2回煽ると、こういう音に...

ルールを守ったすり抜けを

すり抜け自体は別にしてもしなくてもよいものですし、安全を最重視するのであれば、むしろしない方がよいでしょう。 私自身は、時と場合によっては、すり抜けもします。 正確には「していました」でしょうか。...


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: