バイクの免許を取得しよう!もっとカッコ良く乗りこなそう!初心者、女性ライダー必見です。

バイク初心者のためのライダー1年生講座 > ロードサービスを考えよう > JAFとJRSどちらがお得?

ロードサービスを考えよう

JAFとJRSどちらがお得?




ロードサービスにもいろいろありますが、バイクのサポートしてくれるロードサービス自体は、まだまだ多くはありません。

ひと昔前までは、ロードサービスと言えばJAF(社団法人 日本自動車連盟)がほぼ独占状態でしたが、当初は二輪はサポート対象外。

平成9年、規制緩和により民間からJRS(日本ロードサービス株式会社)が参入。
JAFに比べて価格も安く、サポート内容も充実。もちろん、二輪もサポート対象内!

そして、平成17年。
JAFが二輪へのロードサービス提供を開始しました。


だけど実際の所、JAFとJRSのどちらがお得なのでしょう?

まず、下の表を見てみて下さい。


JAFJRS
会費入会金:2,000円
年会費:4,000円
入会金:無料
年会費:2,100円
対象車両

車両重量3t以下、かつ最大積載量2t以下の四輪車。自家用二輪自動車、及び原付自転車。

二輪車・四輪車 全長5.3m未満・全幅2.0m未満・車両総重量3.0t未満
サービス
拠点数
全国約2,400(指定工場含む)全国約8,800以上
受付体制24時間年中無休体制
通話料有料
24時間年中無休体制
通話料無料/専用フリーダイヤル
レッカー
サービス
5kmまで無料:移送距離20km未満
10kmまで無料:移送距離無制限
転落車
引き上げ
原則1m未満無制限対応(有料)
現場応急
修理
作業時間30分以内
または工数0.5まで無料
作業時間30分以内
またはJRS工数0.5まで無料
代替交通手段
の手配

なし(タクシー会社の案内)

レンタカー・タクシー・列車等の案内・手配
レンタカーサービスなし(レンタカー会社の電話番号案内) レンタカー手配:6時間まで無料
(1800CCクラスまでの車両
宿泊費用
サポート
なし(宿泊施設案内のみ)ご自宅から直線で100km以上離れた場所で自走不能の場合、宿泊料金¥15,000/1人まで負担(当日1泊分)
帰宅費用
サポート
なしご自宅から直線で100km以上離れた場所で自走不能の場合、帰宅費用¥20,000/1人まで負担
メッセージ
サービス
なし家族・会社・保険会社への代理メッセージ
カ−ライフ
サポート
会員誌発行・割引協定施設
保険通販等
レンタカー割引、ホテル優待割引等、メンテナンスサポート・JRS車検


JRSに比べるとJAFは会費も高く、サポート面でもやや負けている気がします。


では、JRSがJAFに比べてローコストでサービスを提供できるのは、なぜでしょうか?

JAFが、全国の各都道府県に基地と専用車両を持ってサービスを提供しているのに対し、JRSは日本全国の修理・整備工場、レッカー専門会社、ガソリンスタンド、鍵の専門店などと業務提携をすることで、独自のサービスネット網を構築しています。

そのため、設備などにかかるランニングコストも削減でき、サービス料も安く上がるというわけです。

JRS(日本ロードサービス株式会社)


ところが、すべてのドライバーやライダーが「安かろう、良かろう」とは考えていないのも、また事実。


定期的に厳しい訓練を行っているJAFの方が信頼できるし、会費が高めなのも保険だと思えば納得できる。

民間業者による対応では、サービスの内容にもムラがありそうだし、なんとなく不安が残る。
だったら、経験と実績重視でJAFの方が良いのではないか?

そういう考え方も、あるわけです。

JAF(社団法人 日本自動車連盟)


それぞれ、ロードサービス以外の会員特典もありますので、いろいろと比較検討してみてはどうでしょうか?


前のページでお話したように、キャンプ・ツーリングの帰りにコケて、キャンプ道具一式抱えて、電車で帰宅したことのある私としては、JRSの無料アフターサービスなんて有難いなぁ…と、個人的には思いますけど。


そんなロードサービスですが、何もJAFかJRSの2社しか選択肢がないわけではありません。

他にも、バイクのロードサービスに特化したものや、付帯型のものなど様々ですので、この先を読んでいただいて、あなたのバイクライフに合ったロードサービスを選んで下さいね。

人気記事はコレ!

任意保険料はいくら必要か

では具体的に、バイクの任意保険料って、いくらくらいかかるものなの? バイクという高額な買い物をした直後のあなたは、きっと心配されていることと思いますが、自賠責保険と任意保険はバイクに乗る上での必要経費...

スムーズなシフトアップとは

発進と同時にこんなエンジン音を響かせて走り去って行くバイク、見たことありませんか? ヴォーン、ヴォヴォーン、ヴォヴォーン…… シフトアップの際、クラッチを切ると同時にアクセルを2回煽ると、こういう音に...

ルールを守ったすり抜けを

すり抜け自体は別にしてもしなくてもよいものですし、安全を最重視するのであれば、むしろしない方がよいでしょう。 私自身は、時と場合によっては、すり抜けもします。 正確には「していました」でしょうか。...


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: