バイクの免許を取得しよう!もっとカッコ良く乗りこなそう!初心者、女性ライダー必見です。

バイク初心者のためのライダー1年生講座 > 盗難・悪戯対策は大丈夫? > 盗難対策シミュレーション

盗難・悪戯対策は大丈夫?

盗難対策シミュレーション




盗難防止グッズは一つだけを単体で使っても、あまり効果がありません。
では、どうすればよいのでしょうか?

まず、バイクの盗難や悪戯がどのように行われるか、その状況を想像してみます。

次に、その状況に応じた対策を、考えます。

そして、その対策を施した上で、さらに起こりうる事態を考えます。

再び、その事態に対処するための対策を考えます。

その対策を施したら、また次に考えられる事態を連想します。


要は、この繰り返しですね。
要所、要所で盗難防止グッズを複数組み合わせて利用することで、セキュリティレベルも格段に向上します。


例えば、最も悪質なプロの窃盗団による盗難を想定して、対策を考えてみましょう。

「簡単にバイクを運べないようにするためには、ハンドルロックとタイヤロックU字ロック ">(U字ロックetc)は必須だね」


「だけど組織犯罪だったら、ロックしたままでも重機なんか使って簡単に運べちゃうんじゃない?」

「だったら、バイクそのものを、ケーブルロックチェーンロックで、フェンスやポールなんかに固定してみたら?」

「でも、ケーブルワイヤーやチェーンそのものを切られたり、場合によっては固定している構築物そのものを切られてしまう可能性もあるしねぇ…」

「じゃあ、ケーブルは2重、3重に重ねて、簡単には切られないようにする。さらに、固定する場所は電柱など切られる心配のない場所にする」

「長めのワイヤーロックなら、可能かもね。
でも、それで運ばれるのを避けることはできても、腹立ち紛れに蹴り倒されたりすることはあるかもね…」

「タイヤ部分とハンドル部分の両方で上下を固定するようにすれば、少なくとも横倒しにされるのは避けることができるよ」

「それで車体の盗難は避けられても、カスタムパーツだけを持って行かれてしまうかもしれないし…」

「パーツを外すのにはある程度の時間が必要だし、防犯用のアラームを設置しておけば、人目を気にして諦めてくれるんじゃない?」

「でも、逆に、わざとアラームをしつこく鳴らして、バイクの持ち主が近所の目を気にしてアラームを取り外す機会を狙ってる窃盗犯もいるみたいよ」

「すると、赤外線センサーでライトがつくようにするか、だな。マンションじゃ無理だろうけど」

と、こんな具合です。

他にも、いろいろなシチュエーションが想像できるかもしれませんね。

大切な愛車をこれ1台で守れる!簡単セキュリティーキット

今現在、私は一戸建ての住宅に住んでいます。
ガレージはなく、バイクはいつも玄関の軒下の、思い切り人目につきやすい場所に止めています。

特に盗難防止策は取っていませんが、周りは静かな住宅街ですし、田舎なので変な行動をする人は目立ちます。
その上、怪しい人の姿を見ると(時々は怪しくない人でも)吠えたてる犬が玄関先にいるので、バイクに近づく人がいれば、すぐにわかります。

なので、今の所、バイクが盗難やイタズラに遭う心配はないと思っています。

ですが、万が一のことを考えると、赤外線センサーや防犯カメラなどのセキュリティ設備くらいは設置しておいてもよいかもしれませんね。
(家の裏には、防犯用に赤外線センサーを設置しています)


我が家の場合はこんな感じですが、お住まいの地域や、一戸建てかマンションかによっても、盗難や悪戯の被害に遭う危険性はまったく異なりますから、どこまで対策を取るかは、あなたご自身で判断して下さい。


ですが、最低でもバイクカバーはかけておきましょう。

「おっ、あのバイクはいいな」
「あのパーツ売れそうだな」

と思わせたら、負けです。


ちなみに、イタズラや盗難を防ぐ最良の方法は、ガレージを借りること。これに尽きますね。
バイク駐車場の アイドゥ
バイク専用駐車場「バイクバンク」


ちなみに、戸建にお住まいの方であれば、こういったものもありますよ。
我が家も、検討中です。
バイクシェルター


では、次のページでは、実際にバイクが盗難被害に遭ってしまった場合の対策について、考えてみたいと思います。

人気記事はコレ!

任意保険料はいくら必要か

では具体的に、バイクの任意保険料って、いくらくらいかかるものなの? バイクという高額な買い物をした直後のあなたは、きっと心配されていることと思いますが、自賠責保険と任意保険はバイクに乗る上での必要経費...

スムーズなシフトアップとは

発進と同時にこんなエンジン音を響かせて走り去って行くバイク、見たことありませんか? ヴォーン、ヴォヴォーン、ヴォヴォーン…… シフトアップの際、クラッチを切ると同時にアクセルを2回煽ると、こういう音に...

ルールを守ったすり抜けを

すり抜け自体は別にしてもしなくてもよいものですし、安全を最重視するのであれば、むしろしない方がよいでしょう。 私自身は、時と場合によっては、すり抜けもします。 正確には「していました」でしょうか。...


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: